« 本館の京都ページ | トップページ | 秋葉原から思う東京の変化 »

2004.02.12

秋葉原、ヤマギワソフト館の火事

インターネットではもはや旧聞に属することだけど、朝刊の第1面を飾り、weblogでもあちこちで触れられているこの件。やはりこれは、Akiba情報の老舗であるインプレス「Akiba PC Hotline」の記事にご登場いただくのが一番だろう。
ソフト館はビニール、紙、DVDやCDなど、燃えると煙を出すものばかり。そしてすごいのは、けが人も死人も出なかったこと。これがパーツ屋などがたくさん入った雑居ビルだと、階段に積み荷があってたいへんだったかもしれない。

秋葉原はもともと、秋葉神社からついた地名だ(大火のあと、幕府が火除けのために野原として残し、そこに秋葉神社を祀ったのが始まり)。その意味では、アキハバラよりもアキバのほうが、由来に近い。東京っ子なら親父が「アキバハラ」とつい言っちゃうのを聞いてるかもね。そんな神社、どこにあるかって? 今は移転している。
そして、秋葉神社は火除けの神様。神社そのものは移転していても、人に被害が及ばなかったのは、さすが秋葉神社由来のご利益というところか?

|

« 本館の京都ページ | トップページ | 秋葉原から思う東京の変化 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16751/188057

この記事へのトラックバック一覧です: 秋葉原、ヤマギワソフト館の火事:

» 2時5分:ヤマギワソフト館が火事! [アキバBlog(秋葉原ブログ)]
アキバで消防車10台以上が出動する火事が発生した。 出火直後の画像がこちらで見れます。 時列系に書くので、上から読んでね。 アキバのニュース系サイ... [続きを読む]

受信: 2004.02.13 21:07

« 本館の京都ページ | トップページ | 秋葉原から思う東京の変化 »