« 小川洋子「博士の愛した数式」に読売文学賞 | トップページ | 開通だそうです、みなとみらい線 »

2004.02.01

びっくり、アスキー/エンターブレインが…

29日、女優の樹木希林が左目失明というニュースには心底驚いた。
その前々日、アップルコンピュータの原田社長の退任というニュースにも、少し驚いた。

だが、私個人として驚き、かつ憂えているのは、角川ホ−ルディングスの買収宣言というニュース。ターゲットはアスキーと、その関連会社のエンターブレイン。アスキーは角川グループ入りすることになる。

何を憂えているのか? エンターブレインが刊行している月刊誌「コミック・ビーム」のことをだ。アフタヌーンでさえ載せないような、しかし青林堂が収録することも考えにくいような、独特の作品が多数掲載されている。また、作家の絶版作品をきちんと再収録して発刊し直す仕事も見事。
この路線、売り上げ至上主義を掲げられたら、ちょっと存続がやばくなるかもしれない。しかし、それでは絶対に得られず、しかもそれなりに読者の指示を集める作品が載っているのだ。
いまのやり方を、売れ筋至上主義でつぶさないでいただきたいものだ。

|

« 小川洋子「博士の愛した数式」に読売文学賞 | トップページ | 開通だそうです、みなとみらい線 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16751/154320

この記事へのトラックバック一覧です: びっくり、アスキー/エンターブレインが…:

« 小川洋子「博士の愛した数式」に読売文学賞 | トップページ | 開通だそうです、みなとみらい線 »