« 大学で学ぶこと、大学改革 | トップページ | IE6だと見えるね »

2004.02.03

節分、立春

晴れそうだという予報は外れて、3日は雨が時々降っていた。

3日は節分、豆まき。4日は立春。
より正確には、立春のポイントは黄道(天球での太陽の通り道)の315度にあたる。本当にそこを通るのは、4日の午後9時少し前とのこと。

立春の頃を境に、クリアな冬の空気から、潤んだ春の空気になっていくのだという(ある写真家の話)。
まだまだ寒いけど、空気に春の気配が混じり始め、昔の人はそれを立春と称したようだ、というのは面白い。関東は空っ風が吹くから、特に強く感じられるのだろう。瀬戸内方面のように温暖なところでは逆に、あまりない現象なのかもしれない。もっとも、昨年から今年にかけてはだいぶズレているように思うが。

木蓮のつぼみがふっくらしている。開花は意外に早いのだろうか。

|

« 大学で学ぶこと、大学改革 | トップページ | IE6だと見えるね »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16751/164739

この記事へのトラックバック一覧です: 節分、立春:

« 大学で学ぶこと、大学改革 | トップページ | IE6だと見えるね »