« 文芸誌の積ん読、福永信 | トップページ | 川上弘美のエッセイ »

2004.03.16

木蓮が盛りを過ぎつつある

すごくあったかくなって、ほっぺたのあたりがぴりぴりする感じがある。目をかきむしるほどのかゆみはないんだけど。それに、鼻水だってまったく出ないわけじゃない。
花粉症とつきあってン十年、今年は軽いとは言いつつも、やっぱり症状はそれなりにありますね。

数日前にきれいに花を広げていった木蓮は、すでに盛りを過ぎつつある様子。市街地の庭木が、ピンクや白の花をつけ始めている。夕方には猫がリラックスして散歩している。夜の空気が少し潤んで、こちらも身体がゆるんで。んで、猫時間通信の更新もそんな調子なんですけど。

やっぱりちょっと、目のまわりがかゆいや。

|

« 文芸誌の積ん読、福永信 | トップページ | 川上弘美のエッセイ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16751/304881

この記事へのトラックバック一覧です: 木蓮が盛りを過ぎつつある:

« 文芸誌の積ん読、福永信 | トップページ | 川上弘美のエッセイ »