« 読んだぞ、若者じゃない21世紀文学 | トップページ | 夏日?! »

2004.04.16

イラク邦人拘束、第1陣は解決

この問題、もうあちこちで報道されてて、主要新聞社などでいくらでも記事が見つかる。リンクは貼らない。
3人が無事に解放、まずはよかった。
でも、さらに拘束された二人は未解決。こちらも無事に解決されてほしい。イタリア人の人質には実際に被害が出てしまっている。謹んでご冥福を祈りつつ、解決を願う。

イラクへの自衛隊派遣に、私はもとから反対だ。しかし、政府は(十分な検討をしたかどうかもはっきりしないまま)派遣を決定し、出してしまった。派遣される側も困るはず(そうは言っても軍人はリアリストであり、職務を遂行して帰ってくると信じているけど)。そんな中、自衛隊ではなく、現地にいる民間人が拘束され、自衛隊撤退を要求されるという、一番起きてほしくない事態が起きた。
この状況で自衛隊を撤退させれば、誘拐犯の要求をのんだ形となる。おそらく他の不安定な情勢の地域にいる日本人も標的になるだろう。こうした事件がすべて解決するまで、撤退のタイミングを計れない状況になってしまった。

あの3人が自業自得というのは、その通りだ(ウチでは私が当初そのような認識を示し、同居人と険悪になりかけたゾ)。しかし、人質にとられた家族は気が気じゃないだろうし、みんながよってたかっていじめるのは、ほめられた話じゃない。
本来非難されるのは、自衛隊と関係ない人々を人質にとること、しかもイラクの宗教指導者や統治機関(機能してるかは別にしてさ)とは見解の異なるらしい犯行組織のはず。

問題は、米国のような圧倒的軍事力を持つ国が、その力を背景に物事を決めていくこと。フセインを排除した後でどうなるかをきちんと見切らず、しかも混乱するイラク内情勢を軍事力で抑圧していれば、不満も出る。それに異議申し立てをしようとしても、話し合いは一方的になりがちで、戦争も起こせない、そうなると結局テロや誘拐を戦略に組み込んで動く人々が出現する。米国がテロを再生産してしまうような状況。

米国の統治は(お世辞にも)成功したとは言えない、だいたい第2次大戦の日本占領をモデルにしている時点で間違っている。ブッシュ大統領が強弁したところで、今はすでに戦争に戻っている。しかも、統治権の委譲日程は変えないという。
もしこれで、米軍は引き上げるから、続いて日本の自衛隊が警察的な対応を続けてほしいなどと言われたら、どうするのだろうか。人道支援だからやるのだろうか。それで戦火が再び起きないようにするにはどうすればいいか、有効策はあるか。確かに自衛隊はいまのところ友好的に迎えている人々も多いようだが、カンボジアPKO以上に難しい判断が続く状況なんである。撤収帰還のタイミングを、政府はどうみているのか。
米国には徹底的に方向転換を迫った上で、最後までつきあってもらうべきだな、非常に統治が難しい地域の蓋をあけちゃって、そのあとをうまく治められないんだから。

|

« 読んだぞ、若者じゃない21世紀文学 | トップページ | 夏日?! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16751/447348

この記事へのトラックバック一覧です: イラク邦人拘束、第1陣は解決:

« 読んだぞ、若者じゃない21世紀文学 | トップページ | 夏日?! »