« 乾いた風と虫干し | トップページ | Mac OS Xのセキュリティ問題、続いてる? »

2004.05.26

フォルテ・ピアノ奏者小島芳子氏の訃報

アサヒ・コムより。
フォルテピアノ奏者の小島芳子さん死去

43歳。肺がんだそうである。ショック…
もうあのハイドンやモーツァルト、ベートーヴェンは聴けないのか。

チェロ奏者の鈴木秀美と組んだ「ベートーヴェン:チェロとピアノのための作品全集」(BMGファンハウス)。これはすばらしい。
いきなり全集は買えないという方は、「シューベルト:アルペジオーネ・ソナタ」(BMGファンハウス)に収録されたベートーヴェンのチェロ・ソナタ第3番をどうぞ。
チェロ・ソナタの3番って、ベートーヴェンの中でも屈指の名曲だけに、フルニエ、トゥルトリエ、ロストロポーヴィッチ等々名盤に事欠かない。
一方、鈴木&小島の演奏。従来のモダンなチェロとは異なる、だいぶ渋い響き。そうして、残響の短いフォルテピアノ(とはいえ、モーツァルトの時代よりはだいぶ長く豊かな音)。古楽器の特性を考慮した演奏は、音量の増減よりも、音色や音質の大幅な変化を活かした細やかなニュアンスなのだが、それに頼りすぎると音楽がちんまりまとまってしまう。二人の演奏は、大きな音楽の骨格を、風通しのよい音でダイナミックに表現するもの。1996年の録音だが、もちろんまったく色あせていない。

27日にお別れ会があるという。所用で行けませんが、ご冥福をお祈りいたします。

|

« 乾いた風と虫干し | トップページ | Mac OS Xのセキュリティ問題、続いてる? »

コメント

google検索でここにきました。小島芳子の父です。
芳子のこと,記事にとりあげてくだり,ありがとうございます。各地に,惜しんで下さる方がいらっしゃることに,
心が癒されます。
芳子の死後になって,急いで「小島芳子のページ」を家族で立ち上げました。立ち寄って頂ければ幸いです。
URLは
http://www.oshirase.com/yoshiko
です。

投稿: 小島 順 | 2004.06.03 13:11

ご家族からのご挨拶、痛み入ります。
直接の面識はなく、音楽を愛し、またリコーダーその他の演奏を愛好する者として、敬愛申し上げておりました。
心身の不調が続いていた時、小島芳子氏のベートーヴェンが、何度心をいたわってくれたことか、こちらこそお礼を申し上げたいくらいです。
「アルペジョーネソナタ」のCDには鈴木秀美氏のサインが入っています。ここに、いつかは小島芳子氏のサインも入れていただける機会があればと思っておりましたが、かなわぬこととなりました。
あらためてご冥福をお祈り申し上げます。
ご紹介いただいたページ、拝見しました。そちらへのご挨拶は、また日を改めてからにいたします。失礼いたします。

投稿: kenken | 2004.06.04 01:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16751/655844

この記事へのトラックバック一覧です: フォルテ・ピアノ奏者小島芳子氏の訃報:

« 乾いた風と虫干し | トップページ | Mac OS Xのセキュリティ問題、続いてる? »