« EWIはフュージョン向けの楽器?違うと思うんだけどね | トップページ | 文芸誌7月号〜9月号あたりから »

2004.09.15

三寒四温じゃなくて

15日(水)、関東は晴れて爽やか。昨夜から温度が下がっていたし、天気予報も温度が下がって秋らしい一日になると言っていたから、気持ちの準備はしていた。けれど、朝の風の冷たさは予想以上だったな。
昼間に外へ出ると、まっすぐに陽光が肌までおりてくる。湿度が低い分、光が透明。あっちーと思うんだが、日陰に入るや「涼しい!」
風があっという間に熱をほぐす。そよそよではなく、ピューッと吹いてくる、気温差が激しいのだ。じっとしてると寒いくらい。

ここ数日、涼しかったり暑かったりを繰り返していたが、14日の残暑はきつかった。その翌日、いきなり26度程度。三寒四温じゃなくて、一寒一温である。

涼しくなった証拠には、猫がヘタれずに、座って通行人の様子をうかがっている。猫だまりで今年生まれの若い子が一匹、我が家ではチビ子と呼んでいる(そのまんま)。相変わらずチビなんだが、最近は一人(?)で佇んでいることが多い。
徐々にパーソナルなテリトリーがはっきりしてきたらしい。夏前に大人っぽくなってきたなぁなんて思ってたけど、ほんとうに単独行動をとるようになってきた。でも、なんとなく泣きそうな情けない顔をしてる時がある。餌をあげている人がいるので、半野良、半飼い猫。いいのかわるいのか、微妙な心境。猫は猫らしく、妙になつかずにがんばってほしい。姿を見るだけでうれしいもんだし。

|

« EWIはフュージョン向けの楽器?違うと思うんだけどね | トップページ | 文芸誌7月号〜9月号あたりから »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16751/1445401

この記事へのトラックバック一覧です: 三寒四温じゃなくて:

« EWIはフュージョン向けの楽器?違うと思うんだけどね | トップページ | 文芸誌7月号〜9月号あたりから »