« 11/29の本館情報 | トップページ | 冬になると見えるもの »

2004.12.02

ぱっと師走に

12月1日。起きたらえらく寒い。昨日と空気が違う。
お昼は暖かくなったけれど、夜には空気が澄んできた。
まだ真冬の透明感はないけれど、最近では一番群青が深い。新月に向かっていく月もくっきり浮かび上がる。

ぱっと師走になった。聖夜が明けるともう正月飾りになってるみたいに。

***

[ひとりごと・その1]

ここ数ヶ月、練習時間が激減している笙。お稽古で吹いてみると、手の形が以前より不安定。
吹けるには吹ける。だけど、するりと動くはずの指がぎこちない。つーか、そういう時って、掌の汗が出やすいんですわ。そんなこんなで余分なことを考えなくちゃいけないから、息の制御も甘くなる。
二進一退という感じ。
またあんまり考えないで吹けるところまでもっていかないと。

でも昔、打楽器、リコーダーやフルートをやった時にも、私は最後まで楽器のホールドで悩んでいて、それが解決する頃にやっと晴れ晴れと前進できたんだよな。
出す音はまったく違うけど、きっと今度も同じだ。いまが一番肝心。

***

[ひとりごと・その2]

渋谷でふと見ると、東急文化会館の建物が取り壊されていた。
あそこの三省堂は、一時期よく見ていたなぁ。その脇の喫茶店にも時々寄った。
コミックステーションができた時も、重宝すると思ったもんだ。
もちろん、映画館も。

閉館しても、建物が残っている間は、なんとなくまだ余韻が漂っているような雰囲気があった。
昔から足を運んでいた建物がまたひとつ、ほんとうになくなったんだなぁ。

今日は忙しくて寄れなかったけど、あそこの裏手の山下書店界隈にもまた、行ってみよう。

***

[ひとりごと・その3]

渋谷で不思議なのは、なぜかカフェでの会話が耳に入って来ることだ。
いつもとは限らない。でも、なんだか聞きたいと思っていなくても、聞こえてしまうことが多い。
声がでかい人が多いからなのか、店の造りの傾向なのか、よくわからん。
びっくりするような会話が聞こえると、打ち合わせ途中の移動で仕事のことを考えていても、手が止まってしまったりする。

たのむ! 仕事のことを考えてるんだ!

と思って周囲を見回した途端。

ひとりでいる人は、みんなMDかCDかiPodで、耳栓してる。

…売れるわけだぜ、iPod。

|

« 11/29の本館情報 | トップページ | 冬になると見えるもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16751/2127734

この記事へのトラックバック一覧です: ぱっと師走に:

« 11/29の本館情報 | トップページ | 冬になると見えるもの »