« ニャッ!ニャッ! | トップページ | 最近(2005年6月号まで)のアフタヌーン »

2005.05.17

伊藤整文学賞、笙野氏「金毘羅」他

ほんとうに久々に整体をうけた。左右のバランスも呼吸も身体のリズムも、ばらばらだったみたい(それでよく楽器を吹いていたものだ)。
夜になると正しく眠くなってくるなぁ。

***

眠いので手短に。
標題通り、伊藤整文学賞は笙野頼子「金毘羅」と、富岡多惠子「西鶴の感情」とのこと。(アサヒ・コムの記事、5/16)。
「金毘羅」はよかったなぁ。これで誰からも祝福されないんでは、どうなってるの?と思うし。
昨年は阿部和重「シンセミア」が受賞していた。高橋源一郎「日本文学盛衰史」とかもあったなぁ。どれも破壊力と創造力を兼ね備えた作品。
「西鶴の感情」は残念ながら未読。書店や書評で目にしていたが、読みたくなってきた。
祝、受賞!

|

« ニャッ!ニャッ! | トップページ | 最近(2005年6月号まで)のアフタヌーン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16751/4160061

この記事へのトラックバック一覧です: 伊藤整文学賞、笙野氏「金毘羅」他:

« ニャッ!ニャッ! | トップページ | 最近(2005年6月号まで)のアフタヌーン »