« 漫画家協会賞に「失踪日記」 | トップページ | チェロとは思えぬ音数、鈴木秀美の新盤 »

2005.05.13

猫まっしぐら

5月12日の午後6時に摂氏15度。
こんな年って、あんまりないような。

寒さのせいか、ここ数日、肩凝りが悪化。眠ってもとれない。気分が悪くなると、食欲も不振。食べないと、体温が上がらない。今日も寒い。そろそろ限界なので、マッサージへ。
しかし、相当強烈で、とりきれない。この日はもう無理しないことにする。

***

近所の猫だまりは、三月末に家を一軒取り壊したためか、しばらく猫一家を見かけなくなった。
G.W.あたりからやっと、時々姿を見せるようになった。それでも、隠れる場所が減ったと思ってるらしい、けっこう用心している。

ある晴れた午後、冷え込む数日前。
日なたで二匹並び、寛いでいるところに遭遇。
おぉ、久しぶりだ、と立ち止まった。
その数秒後、一匹がひょいとこっちを向いた。
立ち上がって、一直線に走ってくる。
わぁ、どうしたんだ、と思う間もなく。
脇をすり抜けていく。
びっくりして行方を目で追うと、向かいの洋食屋の扉が開いて、入っていくところだった。
「やっと開きましたかー、待ってましたよ、もう!」
と言わんばかりに、背中をちょっと丸めて、上目遣いでしずしずと入っていく。

時々うかがう、とってもおいしい店だ。残飯とはいえ、猫にとってもこたえられないご馳走なんだな。

立ち去り際に、まっしぐらに、喜びを爆発させる猫の残像が、よみがえる。
あんなに無防備でだいじょぶかな、と思ったり。
あんなに屈託なく感情を爆発させていいな、と思ったり。
言葉と習慣でもって、感情に複雑なコンテクストを持たせるのが人間つーもんだよな、と思ったり。
まぁ相変わらず元気でよかった。

|

« 漫画家協会賞に「失踪日記」 | トップページ | チェロとは思えぬ音数、鈴木秀美の新盤 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16751/4102620

この記事へのトラックバック一覧です: 猫まっしぐら:

« 漫画家協会賞に「失踪日記」 | トップページ | チェロとは思えぬ音数、鈴木秀美の新盤 »