« 京都賞の芸術部門にアーノンクール氏 | トップページ | えー、脱力系略語、続き »

2005.06.14

訃報、倉橋由美子氏と堀栄蔵氏

訃報あり。

作家の倉橋由美子氏。
(アサヒ・コムの記事、6/13より)。
古典鍵盤楽器製作者の堀栄蔵氏。
(アサヒ・コムの記事、6/13より)。

倉橋由美子氏は、私が読書に目覚める前に有名になった方であり、リアルタイムを感じにくかったかもしれない。「聖少女」を読んだのは相当昔だけど、それも話題になってだいぶたってから。昨年の群像に連載していたエッセー「偏愛文学館」についても、熱心な読者ではなかった。けれど、たまに目を通すと小気味よい文章だったことを思い出す。
でも、シルヴァスタインの絵本「ぼくを探しに」の翻訳者と言えば、あぁ!と声を挙げる人も多いだろう。「星の王子さま」新訳も終えていたという。

堀栄蔵氏は、国産のチェンバロがまだあまりなかった頃、工房を設立した方。リコーダーの伴奏用に借りた楽器が堀工房だったことは、何度もあった。

慎んでご冥福をお祈りいたします。

|

« 京都賞の芸術部門にアーノンクール氏 | トップページ | えー、脱力系略語、続き »

コメント

倉橋由美子氏の本は、「スミヤキストQの冒険」が初めての出会いでした。
「饗宴」や「アマノン国往還記」に少なからぬショックを受けた読者でした。
捨てられなくて文庫本を残してあるので、改めて読み返してみようと思います。。。
冥福をお祈りします。

投稿: kurimaru | 2005.06.14 23:47

コメントありがとうございます。
私は倉橋氏については、ちゃんと読めていないほうだと思っています。
同時代の他の作家ほど読んでいないところもあって。
ただ、言葉の手触りが独特なところは感じ入ります。「アマノン国往還記」などは、笙野頼子氏ら後続作家達の先駆にして掛け橋、というところもあるかもしれません。

投稿: kenken | 2005.06.15 00:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16751/4546607

この記事へのトラックバック一覧です: 訃報、倉橋由美子氏と堀栄蔵氏:

» 倉橋由美子さん [些事日常]
新聞を読んでいてぽかんと気が抜けてしまった。倉橋由美子さんがお亡くなりになったらしい。私の2大好きな小説家さんの一人だった。 (ちなみにもう一人は松浦理恵子さん。) 知的でスマートでありながら女性的な感覚を強く感じさせる作風が好きだった。 倉橋由美子さんの本は8割方読んでいる筈だけど意外と手元にはない。文庫になっている「聖少女」「ヴァージニア」あたりはともかく、単行本はあまり本屋で見かけなかったので、ほとんど図書館で借りて読んだ。熱心に読んでいたのは高校、大学の頃だったのであまりお金が無くて本を... [続きを読む]

受信: 2005.06.14 21:24

« 京都賞の芸術部門にアーノンクール氏 | トップページ | えー、脱力系略語、続き »