« 名指揮者ジュリーニ氏、逝く | トップページ | 宗旨替えってわけぢゃなくて(iPod mini Green) »

2005.06.19

Musical Baton(ミュージカル・バトン)がまわってきたよ

toricoさんからまわってきました、ミュージカル・バトン。
(なんのことやら、という方は、とりあえずこちらをどうぞ。)
あそびにのっかってみますね。

  • Total volume of music files on my computer (コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量)
    • iTunesに入ってるのは、8.75GB。(思ったより少なかったな。)
  • Song playing right now (今聞いている曲)
    • J.S.Bach作曲、ソナタ ト長調 BWV 1027 〜 Robin Carter (Baroque Oboe)
      • このオーボエの演奏は、たいへんに和みます。時々聞きます。
      • ちなみにこの曲はフルートでもチェロでもヴィオラ・ダ・ガンバでも演奏されます。
  • The last CD I bought (最後に買った CD)
    • Victoria Mullova (Solo Violin), Giovanni Antonio (指揮), Il Giardino Armonico (弦楽合奏及び通奏低音)による、Vivaldiのヴァイオリン協奏曲集
      • イギリスの新レーベル、onyxの第1弾からの1枚。
      • 4つのヴァイオリンのための協奏曲が、踊り出しそうな勢いで秀逸。
      • 若い頃は鉄人女史だったムローヴァも、最近はほんとにこなれた演奏をする。音楽の悦びが伝わってくるソロと、いいアンサンブルだ。
  • Five songs(tunes) I listen to a lot, or that mean a lot to me (よく聞く、または特別な思い入れのある 5 曲)
    • Frans Bruggenのリコーダーによる、A.Corelliのソナタ「ラ・フォリア」
      • 音楽の聞き方が変わってしまった演奏との出会い。
      • ちなみに、ヴァイオリン・ソナタの編曲。(こちらに記事あり。)
      • 録音は、1960年代のものと、1980年のものがあるけど、どっちも好き。
    • J.S.Bach作曲 カンタータ106番「神の時はいとよき時」BWV106
      • Bachの比較的若い頃のカンタータだけど、リコーダー2本が合唱やソロの間を動き回るアルカイックな美しさは、他のどの曲でも得られないと思う。
    • STPES AHEAD "In a sentimental mood"
      • 1980年代、サックスのMichael Breckerと、ヴィブラフォーンのMike Mainieriがソロをとる、5人編成のJazz / Fusionバンド。
      • 全員が電子楽器を使うことに特徴があって、これで電子管楽器EWIにのめり込んだ時期があった・・・とはいえ、自分はクラシックをやろうとして、そううまくはいかなかったんだけど。
    • 遊左未森「タペストリー」
      • この曲だけ、なんだかよく聞くかも。だいぶ前の曲なんだけどね。
      • iTunesのヴィジュアル・エフェクトと一緒に聞くこともあり。
    • 武満徹作曲 秋庭歌一具(伶楽舎の演奏による)
      • 自分の追いかけてきた、西洋古楽の懐かしさのルーツがどこにあるかを、おぼろげながらに指し示してくれた曲であり、演奏。
  • Five people to whom I'm passing the baton (バトンを渡す 5 名)

バトンをお渡しする方は、事前の了解をとらず、えいやっ!と渡してしまうことにしました。
お邪魔して申し訳ありません、もしもその気がないならスルーしてくださっても結構ですが…
こういう遊びがお好きなら、ひとつどぞ、よろしく。

|

« 名指揮者ジュリーニ氏、逝く | トップページ | 宗旨替えってわけぢゃなくて(iPod mini Green) »

コメント

ミュージカル・バトン、面白いですね。
みんなの音楽の傾向などもわかって、興味深い。

でも、わたしは自分で答えるのはOKなのですが、ひとに回すのは得意ではないので、うちにきたバトンは私のとこでストップです。
ごめんなさい。

投稿: kanaliya | 2005.06.20 07:27

kenkenさん、こんにちは!
Musical button 廻していただいてありがとうございました~♪久々にブログで楽しませてもらいました~(笑)。
一応(汗)私もエントリしましたが、まだまだ書きたい曲いっぱいでした。音楽をまた聴いてみようと思ういい機会になりましたし、本当にありがとうございました~~。

投稿: maple | 2005.06.20 10:24

kanaliyaさん、早速のコメント、ありがとうございます。
参加は自由意思なんで、読んで「へぇ!」と思っていただけるだけで
けっこうですよ。
ではでは、またおじゃましますね!

投稿: kenken | 2005.06.20 12:37

mapleさん、おひさしぶりです。
楽しんでいただけたようですね。
mapleさんのブログにコメントを残しましたので、そちらを
お返事ということにいたします〜。
ではでは。

投稿: kenken | 2005.06.20 12:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16751/4625564

この記事へのトラックバック一覧です: Musical Baton(ミュージカル・バトン)がまわってきたよ:

» Musical button(ミュージカル・バトン)が回ってきました [Fons vitae]
kenkenさんからMusical buttonが回ってきました. Total volume of music files on my computer (コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量) 1GBほど.少ないです. Song playing right now (今聞いている曲) 残念ながら,今は音楽を聞いていません. The last CD I bought (最後に買った CD) ...... [続きを読む]

受信: 2005.06.20 02:38

» Musical button [caramel往復書簡]
近頃、私の巡回先ブログさんでもいくつか見かけていた、Musical batton [続きを読む]

受信: 2005.06.20 09:49

« 名指揮者ジュリーニ氏、逝く | トップページ | 宗旨替えってわけぢゃなくて(iPod mini Green) »