« 05/09/18の本館更新(京都の旅日記) | トップページ | 05/09/22の本館更新(Tiger導入記) »

2005.09.19

日比谷図書館が都立から区立に?

8月末に出ていた情報なのだが、新聞にも取り上げられた。

アサヒ・コムの記事(9/15、東京版)

記事で触れられている「第二次都立図書館あり方検討委員会」の報告は、ここにある。
(ちなみに、東京都立図書館はこちら。)

日比谷図書館については、他の都立図書館と異なり、蔵書貸出を中心に運営されている。
区立図書館の数が増え、また飛躍的に蔵書を増やしたこと、都立図書館と区立図書館の役割分担を明確にすることを考えると、日比谷図書館は区立図書館と機能が重複している。
ただし、利用者数が70万人に達するため、千代田区に移管することが望ましい、とのこと。
うーん…

理屈は確かにそうなんだな。
ただ、都立図書館として運営されていれば、都民(及び都の会社に勤務している者)ならば、利用できる。
区立図書館になれば、基本的には千代田区民のための図書館になるだろう。70万人の多くは千代田区外なのではないか(私だってそうだ)。そうした利用者を、千代田区が継続して受け入れることはあまり考えられないのではないか。

現状の区立図書館などを見ていると、住宅街が控えている地域では、児童館の代わりに機能するような蔵書が中心になってしまいがち。
ちょっと調べたい分野について、専門分野への入門となるような蔵書は意外に少ないことが多い。(まして、ベストセラーを数十冊と購入し、数年後にはあまり読まれなくなることを考えると、哀しくなることがある。)
日比谷図書館は、少なくとも都立図書館として、教養図書・専門分野入門書をある程度そろえていた。それに、古い蔵書が意外に役立つこともある。
このあたり、区立図書館とは違う役割になっていたように思うのは、私だけなのだろうか。

ただし。
それならば区立図書館に訴えて運営方法を改善してもらえばいい、都立図書館により多くの予算を割いて、区立図書館への貸出を積極的に行うことでより効率的になるのでは、という意見も出てくるだろう。
また、そうしたことを背景に出た案のように見受ける。
(しかし、実際に図書を閲覧したい場合は、あんまりゆっくり待っていられない場合も多かったりする…まぁこれは個人的な事情だが。)

パブリックコメントの受付は9月26日までという。
どうしたもんか。日比谷図書館は都立であってほしいが、論理的かつ説得力ある理由があるかな。
うーん…

|

« 05/09/18の本館更新(京都の旅日記) | トップページ | 05/09/22の本館更新(Tiger導入記) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16751/6008104

この記事へのトラックバック一覧です: 日比谷図書館が都立から区立に?:

« 05/09/18の本館更新(京都の旅日記) | トップページ | 05/09/22の本館更新(Tiger導入記) »