« 日本のACESS、米国Palm Sourceを買収 | トップページ | 新型ウィンドシンセ、AKAI proのEWI4000s »

2005.09.13

祭りは洪水のように押し寄せた

自民圧勝。
朝日、読売、毎日、日経など各紙が大量に報道している。いちいちリンクはしない。

それにしてもすごい数字だなぁ。小選挙区制を導入している英国やカナダの前例があるから、自民勝利はおかしくないと思ってはいたけど、ここまでとは。

投票所が普段より混雑していた(筆記台が空くのを待つのは珍しいこと)。
しかも、迷わずさっさと書いて投票していく人が多い。
迷った挙げ句、やっと書く人などいなかったようにさえ見える。
ということは、みんな決めていったんだろう。
いや、たかだか自分が見聞きした数分の印象で、そこまでは言えないか。

とにかく、結果がこれなのだから、かなり多くの人々が小泉自民の訴えに、YESを出したわけだ。

ただな。
前回の選挙では、民主党に票が傾いて、大量獲得となった。新進党との合流劇とマニフェスト提示、そして小泉「人生いろいろ」発言が効いての現象。
今回は、ご覧の通り。小泉「郵政民営化で改革を!」発言、そして他の政党の政策焦点が目立ちにくかったことが効いての現象。(民主に政権を任せたくない、だけど自民も困ったもんだ、消去法でいくとこうなる、という人も少なくなかったようだ。)
つまり、小選挙区制では、ガックンと傾く可能性がある。
今後も選挙のたびに、選択可能なのだということはよく覚えておいたほうがいいわけだ。

そうは言っても、それは選択肢となる政党があっての上。
自民党=政界、派閥=政党という状況を、小泉自民は変えてしまうことを選択したのだ。このまま民主党ほかが減少し続け、選択肢がなくなるとすれば、問題が大きい。

そうはならないでほしい。
積極的に小泉自民を押した人もいるだろうし、そうでない人もいるだろうが、数字にしてしまえば単に1票。郵政民営化の先の政策論議に移った際、問題があると感じる声がうねり始めたら、マスコミはきちんと取り上げるべきだし、インターネット上にのる生の声も重要になってくるだろう。
そして、次の選挙ではどの政党も、より政策とキャラ(苦笑)を立たせて議論し、もっときっちり組み合う形になっていってほしい。(そう前向きに考えたい。)

|

« 日本のACESS、米国Palm Sourceを買収 | トップページ | 新型ウィンドシンセ、AKAI proのEWI4000s »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16751/5920209

この記事へのトラックバック一覧です: 祭りは洪水のように押し寄せた:

« 日本のACESS、米国Palm Sourceを買収 | トップページ | 新型ウィンドシンセ、AKAI proのEWI4000s »