« アップルの新iMac、新iPod | トップページ | やっと晴れた »

2005.10.19

アフタヌーン四季賞CHRONICLEに大見得を切られる

見慣れぬ携帯電話発信が午前にあった。
つーか、寝てて、たたき起こされた。
宅配便だった。切れ切れのFOMAの音声通話にムカムカしつつ窓際まで歩くと、やっと安定した。
「着払いの商品なんですが、いまうかがってもよろしいですか」
「だいじょうぶです」
「10分ほどで到着します」
値段の確認をして、電話を切った。

予定通りのお金を用意して待っていると、ほぼ10分でやってきた。
で、でかい!
とにかくサインをしてお金を払い、受け取った。
お、重い!

専用の長い段ボール箱を開けると、ビニールパッキングされた長くて黒い箱が出てきた。

「な、なんじゃぁ、こりゃぁ!!」

モノリス。
ビニールをはがしてみても、やっぱりそんな感じがする。
要するに、記念碑をイメージしてるんだな。

細長くて重い化粧箱の下方に、布のベロが出ている。引き出しの要領で中を引っ張り出す。
黒い厚紙の覆いを取り去ると、やっと中身にご対面。

まず、箱同様に縦長の特製ブックレット。
その下には、春夏秋冬、4冊の文庫本サイズの本編。

これが書店に並ばない、今年7月末までの受注者に届けられる「アフタヌーン四季賞CHRONICLE」

講談社の週間漫画誌モーニングの姉妹誌である、月刊アフタヌーン。
そのアフタヌーンには、新人登竜門の四季賞がある。1987年から2002年までの受賞作より、現在も活躍中の漫画家の作品を可能な限り収録した4冊の文庫本。
そして、収録漫画家へのアンケート、収録を拒絶した漫画家へのインタビュー、さらに未収録作品も含めた全受賞作の記録を掲載した、特製ブックレット。

***

5月にぶつくさ言ったけど、受注締切の間際にやっぱり注文しました。
まだ全部読んでないけどね。(つーか、来てすぐに全部読めるわけもないけどね。)
よくまとめたもんだわ。

ただ…あまりに「記念もの」になりすぎだ〜。
元々コレクターズアイテムだと覚悟はしていたさ。それでも本編が文庫本サイズというのは、予想通りちょっと寂しい。
モノリス型の箱にこだわらず、せめて新書、いややっぱり通常のアフタヌーンコミックスのサイズにまとめてほしかったかもしれない。
それに、特製ブックレットも、読みやすいサイズにならなかったかなぁ、と。

編集部の気合いはわかるし、値段や企画の上でたいへんだったろうとわかった上での、読者のわがまま。
なんだけど、一応こういう声もあるということを記した上で。
折りに触れて、読み直していこう。今や読めない作品もいっぱい入っているしね。

[付記]
以下にトラックバックを送りました。
・マイナスドライバ「四季賞クロニクル 届く」(2005.10.24)

|

« アップルの新iMac、新iPod | トップページ | やっと晴れた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16751/6466159

この記事へのトラックバック一覧です: アフタヌーン四季賞CHRONICLEに大見得を切られる:

» 四季賞クロニクル 届く [マイナスドライバ]
「アフタヌーン 四季賞 CHRONICLE 1987-2000」の内容物をチェック。 [続きを読む]

受信: 2005.10.23 07:30

« アップルの新iMac、新iPod | トップページ | やっと晴れた »