« Java、10周年 | トップページ | ぷらっとほーむ、年内に閉店、自社製品に特化 »

2005.11.15

Java、10周年 (2)[補足]

昨日「Java、10周年」でだいたいの感想をメモしたけど、いくつか補足を。
(専門用語の解説などはつけません、あしからず。)

[* Projectとあれこれ]

* Project。
読みは "Star Project"。

NTTドコモとSun Microsystemsが提携して取り組む、新しい携帯電話向けのJavaプラットフォーム。二日目(Day 1)の基調講演で、NTTドコモの夏野氏が触れた。
DoJa(NTTドコモの携帯電話Javaの仕様)を超えるものとして話を進めているそうだが、細かい部分は触れられなかった。まだ細かい話ができる段階でないのだろう。

それよりも、この名前。
Javaとなる前の実験プロジェクトで試作した、一般家庭向け情報機器は、「* 7 (Star Seven)」というのだ。(展示会の入り口にも、Java 10周年の年表の最初の機器として展示されていた。)
ちなみに、この画面上では、情報機器に慣れていない人のためのキャラクターが動いていたという(私は動作を見ていないのだが)。
その存在は今でも見ることができる。
Dukeである。

Javaが最初は組込み機器搭載を目指して始まったこと、その名を連想させるプロジェクトということは、Sunはかなりの意気込みを持っているのかもしれない。

ちなみに、Java MEで現在インストールベースが多いのはCLDCだが、今後は仕様規模の大きなCDCがより広がっていくことが期待されている(初日の基調講演でも触れられていた)。
一方で、Java SE Embeddedとして、サーバー目的のマシンならばPCと同じJava SEを組込んでもいいはずだ、というデモも出ていた。

こういうのもわかるけれど、Tiger (Java SE 5.0) 以降の言語仕様などを、Java MEにどう反映していくかも気になるところ。特にDolphin以降の仕様は気になる…いまんとこ、組込み系ではXMLはデカすぎるデータとして嫌われがちだが、どうなることか。(まだまだ先の話で、その頃には状況が変わっているかもしれない。)

[つぶやき2]

Java Technology Conference 2004では、James Gosling氏のビデオが公開されていた。
そこで語られていたことは、火星探索機のロボット制御プロジェクトに参加した時の話があったのだが、他に印象に残ったことがあった。

JCP (Java Community Process) ではAPIや言語の仕様を話し合うのだが、それぞれ自分達の興味のある部分に特化してしまい、全体が見えにくくなってくる。しかし、ツールはみんなが使う。だから、JTC (Java Tools Community)でツールの議論をすることが出来れば、水平方向と垂直方向の話し合いが持たれることになり、全体を見失わないで済むと思うんだ」

だいたいこんな趣旨だったと思う。

今回、NetBeansやJava Studio Creator関連のセッションが多かった(Eclipseのコマもあったようだし、IBMのセッションもあったけれど)。
好意的に見れば、突然開かれたJavaOne Tokyoとしての準備不足だったのかもしれないけれど、抱き合わせのNetBeans Dayなども考えると、やっぱりSunがツール系でも主導権を握りたいと思っている、という感じも受ける。

営利企業だからまぁ当然か。携帯電話向けアプリなども含めて、NetBeansがかなり便利になったのは確かだし、Eclipseとは違う層を対象にしているように見受けるだけに、もっと使ってほしいのだろう。
けれど、あの時のGosling氏の考えが、Javaコミュニティ全体の中で共有されているのかどうかは、ちょっとだけ気になっている。とても大切な考え方だと思うし、それがあったからこそJavaはここまで来たのだと思うし。

[その他]

10年を経て、ビジネス戦略などとは見事なくらい無関係に、Javaはメインストリームになった。(だって、Microsoft Windowsへの対抗馬としてだったら、とっくに命脈は断たれていたでしょう?)
可能な限りシンプルな仕様を拡張し始め、また分野ごとのAPIが大きくなりだした昨年あたりから、大きな曲がり角を回っている。20年後にどうなっているか、今の時点で語ることはそれこそ鬼が笑うけれど、Gosling氏の陽性で、しかし謙虚で思慮深いキャラクターから発する基本精神を継承していってほしいな。

※ ちなみに、コミックビームも10周年だった! Windowsブームといい、インターネットブームといい、1995年って妙な年だったんだね。

|

« Java、10周年 | トップページ | ぷらっとほーむ、年内に閉店、自社製品に特化 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16751/7116307

この記事へのトラックバック一覧です: Java、10周年 (2)[補足]:

« Java、10周年 | トップページ | ぷらっとほーむ、年内に閉店、自社製品に特化 »