« ぷらっとほーむ、年内に閉店、自社製品に特化 | トップページ | もう年の瀬?/文学フリマ »

2005.11.18

数学で読む村上春樹

11月8日発売の文學界・12月号は、小島寛之「暗闇の幾何学−−数学で読む村上春樹」が掲載されている。

書かれるべきだが、難しいんじゃないかと思っていたテーマだ。
「解放のスーパーテクニック」という中学生向けの数学書で有名になり、後に経済学部で統計学研究者になってからも、統計や数学の啓蒙書を多数執筆している小島氏ならば、うってつけ!と思いながら読んだ。

うーん、うーん…

1)村上春樹モード文体はないほうがすっきり入り込める。
2)「数学的」という言葉を了解させるための、数学的な記述がもっとあったほうが説得力が増すと感じた。
3)論文というより、エッセイだろう…が、村上春樹の作中に現れる数学的な思考が、これまでの評論や批評で論じられていない何に触れ得るのかに、もっと踏み込んでほしかった。短い枚数に詰め込んだため、小島氏以外にも過去に触れられてきたような言葉(死・暴力・悪など)に集約されてしまったように思う。

結論:読む価値はある。けれど、食い足りない。

すごく楽しみにして読んだだけに、落胆が大きかった、というのはありますが。
いずれにせよ、この方はこういうテーマにうってつけではあるわけで。

ぜひ文春新書で丸ごと一冊、このテーマにしていただきたいです。
たぶん「文系のための数学教室」(講談社現代新書)よりおもしろくなると思います。

|

« ぷらっとほーむ、年内に閉店、自社製品に特化 | トップページ | もう年の瀬?/文学フリマ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16751/7173699

この記事へのトラックバック一覧です: 数学で読む村上春樹:

« ぷらっとほーむ、年内に閉店、自社製品に特化 | トップページ | もう年の瀬?/文学フリマ »