« Java、10周年 (2)[補足] | トップページ | 数学で読む村上春樹 »

2005.11.16

ぷらっとほーむ、年内に閉店、自社製品に特化

いやはや、電脳ネタばっかりで申し訳ないけれど、これは大事かも。

秋葉原で、サーバやパーソナルUNIXなどハイエンド市場を切り開いてきたぷらっとほーむが、年内に店舗を閉めるという。自社製品事業に経営資源を集中する、とのこと。ニュースソースは、たとえば以下のもの。

インプレスはAkiba Watchの記事(11/12号)

今年出来たダイビルに本社を移していたのは知っていたし、現店舗の入っているミツワビルにメイドリフレなどが入ってきたのも周知の事実だったし。
だいたいミツワビルから若松通商が抜けて、末広町交差点の方にいった頃には、すでに空気が変わってきていたんだよなぁ。

Happy Hacking Keyboardのような製品も、こういう店が積極的に扱っていたから広がっていったところがある。
テイストは違うけど、Amuletのような店が生き残ってはいる。しかし、末広町寄りで、パーツストリートの端のほうにあって、若松通商などと同じような位置を占めているか。
ほんとに街の分布が変わってきてるんだなぁ。
ハイエンドユーザーが寄りつかなくなってきてるんだろうか?

|

« Java、10周年 (2)[補足] | トップページ | 数学で読む村上春樹 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16751/7135139

この記事へのトラックバック一覧です: ぷらっとほーむ、年内に閉店、自社製品に特化:

« Java、10周年 (2)[補足] | トップページ | 数学で読む村上春樹 »