« 春節の獅子舞 | トップページ | 詩人の茨城のり子氏、逝去 »

2006.02.16

風刺漫画問題

ムハンマドの風刺漫画問題、デンマークの問題ではなく、世界的な問題となって、断続的にニュースが流れてくる。節分頃の事件で、もう10日以上経つのに。
この記事(アサヒ・コム、2/13)では、対話を拒絶したことが問題を大きくした、という。
いまでもパキスタンで抗議デモがあるようだし(この記事はYOMIURI ONLINE、2/15)、パリやら国連やらも絡むニュースが流れ続けている。

一方で、イタリアの首相が自分をキリストになぞらえて、反発を買っているという記事(アサヒ・コム、2/14)。
同じ頃に、宗教になぞらえるこんなことが起きるなんて、笑えないけど笑っちゃう(この記事が、国際問題として扱うほど重要度が高いかは別にしてもね)。

こんなことが西欧のイスラム観だとは思いたくないような現象だ。
報道の自由と、相手への配慮がないというのは、まったく別のこと。本来は良識の範疇に属するはずだが…
確信犯ならば、始末が悪い。

しかし、世界で起きるこうしたトゲトゲに、日本も無縁ではないんだよなぁ。
もって他山の石とすべし、なのか。

|

« 春節の獅子舞 | トップページ | 詩人の茨城のり子氏、逝去 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16751/8682054

この記事へのトラックバック一覧です: 風刺漫画問題:

« 春節の獅子舞 | トップページ | 詩人の茨城のり子氏、逝去 »