« ヌード・マン・ウォーキング | トップページ | 村上春樹氏が文藝春秋4月号に寄稿 »

2006.03.13

ネコと赤ん坊

気温の変動が激しい。
8日、とても温暖。夕刻、あちこちでネコの散歩に出くわした。
「チィッイッイ〜〜」
鋭い声に見上げれば、シジュウカラ。しかも、つがいが二組。
オナガが大きな声で渡っていく。雀はおばあさんのまいたパンをついばんで、電線に上がる。
鳥、人、犬。都市部の住宅街に生きるものの声があちこちに充満している。午後6時、真っ暗にならない。
あぁ、もうそんな季節か。もう3月も中旬かぁ。

なんて思ってたら、9日は肌寒いくらいじゃありませんか。
ネコもいなけりゃ、鳥も人も静か。
やっと晴れた11日は、びっくりするくらいあったかい。
翌12日、春二番(?)が吹き荒れて、夜は冷たい風になった。

この冬はほんとに油断ならねぇ。(いや、もう春ですけど。)

***

温度がゆるむと、散歩が増える。
ベビーカーを押している親子が、ひなたぼっこのネコを見つけて歩み寄る姿を何度も見かけた。
みんなゆっくりと近づきながら、母親が「ほらー、ネコさんよー、ほらー」などと子供に話しかける。

親も赤ん坊も、ネコを見る。
ネコはといえば、親よりも赤ん坊に目を合わせる。しばらく見つめ合っていたりする。
よく声を出すネコなどは、赤ん坊を見たまま「ニャニャ〜〜」と鳴く。
明らかに、親よりも赤ん坊のほうを気にしている。

言葉を獲得する前のヒトは、言葉を得た人間とは明らかに違う何かを持っているんだろうかね。
大島弓子の名作「綿の国星」に出てくる、赤ん坊が生まれた家のネコ、ビーのことを思い出したりしつつ、場を離れた。

|

« ヌード・マン・ウォーキング | トップページ | 村上春樹氏が文藝春秋4月号に寄稿 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16751/9065123

この記事へのトラックバック一覧です: ネコと赤ん坊:

« ヌード・マン・ウォーキング | トップページ | 村上春樹氏が文藝春秋4月号に寄稿 »