« どうにかしてくれ | トップページ | Boot Camp 続報 »

2006.04.06

Macが公式にWindows Boot

確かに以前「Intel MacintoshでWindowsを公式にサポートはしないが、ユーザがWindowsをインストールしてブートするのを邪魔はしない」とPhilip Schiller(Apple Computer のワールドワイド・プロダクト・マーケティング担当上級副社長)はプレスに話していた。

しかし、Apple Computerから公式にWindowsをBootさせるツールが出るとは。
Boot Camp Public Betaの登場である。

これにより、Intel CPUを搭載したMacintosh(iMac, MacBook Pro, Mac mini)をMac OS XとWindowsのデュアルブートにすることが出来るそうな。
ちなみに、Optionキーを押しながら起動するのは、Mac OS 9時代に複数のハードディスクやパーティションにブート・システムを入れ、切り替えていた人には懐かしいやり方かも。

PCWatchの記事はこちら(4/6)。日本語版のインストール&設定ガイドの一部が見える(多分このために、他のニュースサイトより掲載が少し遅くなったのだろう)。
公式のプレスリリースはこちら(日本語)。

***

Mac OS X 10.4.6へのアップデート、さらにファームウェアのアップデートが公開されていたが、それはつまり、これへの布石だったのか。

ユーザから声が大きかったのか、Intel Macの普及に弾みをつけるための隠し玉だったのか、両方だったためか。
いずれにせよ「今のままだとWindowsをインストールしてブートすることさえままならないから、そこだけはハードを出しているアップルで道筋をつけましょう、でも公式なサポートはありませんよ」というメッセージとみた。

そして、次期Mac OS X "Leopard"には標準搭載されるという。
これは、マシンレベル及びOSレベルでの仮想化技術普及を見越して、先手を打っておこうというのか。いや、まだ夏のWWDCまでは細かいことはわからないので、なんともいえないけどね。

私のような両刀遣いには、ちょっと気になる存在。
いずれにせよ、すごく強く惹かれてはいなかった新しいハードウェア群に、ちょっと興味が向いた…時点で、既にアップルの意図にはまってるんだろうな、これは…。

|

« どうにかしてくれ | トップページ | Boot Camp 続報 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16751/9454188

この記事へのトラックバック一覧です: Macが公式にWindows Boot:

« どうにかしてくれ | トップページ | Boot Camp 続報 »