« ココログがメンテに入るのは7/11〜13 | トップページ | 今度はこっちがメンテ »

2006.07.15

2006年上半期の芥川賞、発表

7/13の夜に発表された。受賞作は伊藤たかみ「八月の路上に捨てる」(文学界6月号、単行本はまだ出ていない)。
アサヒ・コムの記事はこちら
ちなみに、候補作発表の記事はこちら(アサヒ・コム、7/3)。

芥川賞の受賞作は、未読。
ちなみに既に読んだ鹿島田真希、中原昌也の二人の作品は、問題提起がきっちりしているものの、おそらく選考委員受けしないだろうと思っていたら、その通りだったようだ。

なんでも読む吾妻ひでお「うつうつひでお日記」による中原昌也作品への感想。
「文学をからかい、破壊しようとする実験なのかもしれないが、芸になっていない」。
この感想は筒井康隆ファンである氏らしいものだと思う。

作者は芸にすることも拒絶しているはずだ。
音楽にたとえるなら、現代音楽がきらいな人は、この人の作品は読めない。でも、こんな作品が商業誌に掲載されるなんて、おもしろいじゃないか。

|

« ココログがメンテに入るのは7/11〜13 | トップページ | 今度はこっちがメンテ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16751/10957862

この記事へのトラックバック一覧です: 2006年上半期の芥川賞、発表:

« ココログがメンテに入るのは7/11〜13 | トップページ | 今度はこっちがメンテ »