« 夏風邪 2006 | トップページ | 群像は創刊60周年記念号 »

2006.09.07

iMac (Core 2 Duo model)発表

9/12にApple Computerがスペシャルイベントを開くという噂が、事実だったとわかった途端。
新しいiMacが発表された。
  ITmediaの速報(9/6)
相変わらず不意打ちがうまいこと。
(いや、どの企業もIntel Core 2 Duo搭載モデルを続々と発表しているから、速い方がいいんだろうけど。)

***

今年1月、Core Duo(いわゆるYonah)でIntel化を済ませていたiMacだが、おそらくはCore 2 Duo(いわゆるMerom)のこちらが本命だろう。8月に発表・発売されたMac Proが完全にプロ向けになったため、ミドルクラスのモデルが欠ける状態だったが、そこも埋める効果もある。
実際、24インチ液晶モデルが追加された。これが「Mac Proほどのマシンはいらないけど、性能が低いのはイヤだ」というユーザ向けになる。
さらに、17インチ液晶モデルの値段はぐっと下がり、一番安いモデルはMacBook並みになった。もっとも、真当な性能がほしいなら、その上のモデルからになる(一番安いモデルはグラフィック性能で劣る)。これは上記のITmediaの記事にもあるけど、お買い得かもしれない。

それにしても、24インチ液晶モデルとは…もしかするとヌリカベ?
本体一体型の大画面って、富士通なども出してるけど、圧迫感さえありそう。

これだけデカい画面を備えたiMacを出すということは、9/12のスペシャルイベントは噂通り、映画のダウンロード販売が含まれるんだろうなぁ。

ちなみに、Mac miniもひそかにリニューアル。
  ITmediaの記事(9/6)
こちらはCore Duo搭載のままで、クロックアップモデルとなる。
iMacが安くなったことを考えると、Mac miniの位置づけが急に微妙になってきたように感じる。
もっとも、2台目以降と考えればこれでいいのかな。

***

ここのところ好調な動きが続くApple Computerだが、品質という面でちょっと気になってきていることがある。

Mac OS Xのアップデータが10.4.7になった頃、これまで以上にトラブルを訴えるユーザが増えた印象を持つ。
私自身は大きなトラブルを抱えていないが、特定のプロセスがI/Oを握ったまま離さない状況になることがたまーにある。ハングアップかとドキドキする。
(これでリブートなどしたら、ディスクユーティリティなどでHDDのメンテをする必要が生じるし。)

サポートしなければならないアーキテクチャが一時的に増えている状況なのはわかるが、品質は落とさないで、いや、これまでよりも上げるように目を配ってほしい。
もっとユーザを多く獲得するつもりなら、余計にね。
ここあたりが正念場じゃないかな。頼むよ。

|

« 夏風邪 2006 | トップページ | 群像は創刊60周年記念号 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16751/11791978

この記事へのトラックバック一覧です: iMac (Core 2 Duo model)発表:

« 夏風邪 2006 | トップページ | 群像は創刊60周年記念号 »