« コミックビーム11月号あたり | トップページ | 黒船レディと銀星楽団「古本屋のワルツ」 »

2006.10.20

三信ビルのニューワールドサービス

帰路、日比谷の三信ビルの前を通ったので、久しぶりに近くまで寄ってみた。
建て替えが既に決定しており、テナントがどんどん減っている。

地下の三信書店は今年の6月一杯で閉店していて、9月からは地下商店街および地下鉄への連絡通路を閉鎖していた。
1階も、日比谷公園側の入り口から、中央のエレベーターホールまで閉鎖。建物の保存資料を作るためだそうだ。
(つまり、あの美しいエレベーターホールはもう拝めないようだ。)

シャンテ・シネ側の入り口は開いている。
当然、ニューワールドサービス(略してNWS)は営業中。

ここは、東京のクラシカル喫茶の代表格。
三信ビルの美しい内装を眺めながら、お茶だけでもいいし、食事も軽食もあるし、お酒もちょっと飲める。
アメリカ流儀のハンバーガーなどは、昔はここくらいだったそうな。

このあたりが本当に東京の中心だった頃は、ここはそれこそハイカラの極みだったろう。映画を観て、帰りに食事をする人もたくさんいたはず。
変わらぬスタイルでいまだにファンがつく店だ。

もっとも、数カ月前に比べるとだいぶ空いているような気がする。やはり地下通路や一部入り口が閉鎖されると、客も減ってくるのだろうか。
座ってみると、やっぱり昔のまま。おじいさんが連れていってくれた店に、懐かしくなって入ってみる感じ、といえばいいかな。

まだ営業しているそうな。
気になる方は、建物がなくなる前にどうぞ。

外に出て、建物の周囲を歩いてみる。
なんて贅沢な造り。もうこんなものは建てられないかもしれないね。

|

« コミックビーム11月号あたり | トップページ | 黒船レディと銀星楽団「古本屋のワルツ」 »

コメント

とり急ぎ。
たいへん残念なことではありますが、ニューワールドサービスの閉店が発表になりました。3月30日(金)をもって閉店、移転先は現段階では未定で、もし再開することができれば息子さんのウォン・ウィンツァンさんのWebページで発表する、とのことです。

投稿: 猫が好き♪ | 2007.03.07 23:44

猫が好き♪さん、お知らせありがとうございます。
先月末、日比谷図書館に行く途中「あ、まだやってた、よかった」と思っておりました。
ついに、というか、とうとうというべきか…
寂しいことですが、なんとか閉店までにうかがえればと思います。
(後で新しい記事を立ち上げます。)

投稿: Studio KenKen | 2007.03.08 00:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16751/12346911

この記事へのトラックバック一覧です: 三信ビルのニューワールドサービス:

« コミックビーム11月号あたり | トップページ | 黒船レディと銀星楽団「古本屋のワルツ」 »