« 京都、マンガミュージアムのオープンと、再び建築規制の強化へ | トップページ | 黒船レディと銀星楽団@渋谷 7th FLOOR »

2006.11.29

アクセス数が上がった

アクセス数がいつもより多いと思ったら、11.26放映のNHK教育「芸術劇場」で、ピリオド奏法の特集(ゲストは指揮者の金聖響)と、アーノンクール/ウィーン・フィル来日公演(モーツァルト3大交響曲)の影響らしい。

ちなみに、録画をまだ全部見終わっていないため、コメントは見終わってからにでも。

今回の来日公演は所用ですべて諦めたので、「ウィーンフィルがやると、ヴィブラートなしってわけにはいかないだろうし」などと自分をなだめていたが、21日にサントリーホールでやったヘンデル「メサイア」はすごかったらしい(こちらはウィーン・フィルじゃなく、ウィーン・コンチェントゥス・ムジクス)。

それにしても、老いてますます盛んな巨匠になった、アーノンクールは。
1970〜1980年代に彼がウィーン・フィル、ベルリン・フィルの両方から迎えられるようになるとは想像しにくかった。クレーメルの指名で初めてウィーン・フィルを振った時には、団員から強烈な反発があった、という噂が流れまくったものだ。
感慨深い。

|

« 京都、マンガミュージアムのオープンと、再び建築規制の強化へ | トップページ | 黒船レディと銀星楽団@渋谷 7th FLOOR »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16751/12863014

この記事へのトラックバック一覧です: アクセス数が上がった:

« 京都、マンガミュージアムのオープンと、再び建築規制の強化へ | トップページ | 黒船レディと銀星楽団@渋谷 7th FLOOR »