« いよいよ秋/文学フリマは明日 | トップページ | 第5回文学フリマの後で考えた »

2006.11.12

お受験なんでございますか

高校での必修世界史履修漏れ問題がずいぶんと長く取り沙汰され、首相や文部科学省の大臣から各教育委員会、現場の先生に至るまでえらい騒ぎになってるが。
こんなに長く引っ張る問題なのか。とあえて言いたくなってくる。
お受験じゃぁございませんでしょ。

もちろん現場の受験生にとってたいへんなのはわかる。
ある意味、被害者でもあるのだし。

高校の先生や校長が「生徒のためを思ってやったこと」というのはほんとーなのかな。
ほんとうに生徒のためを思うなら、受験を乗り切ることだけが人生じゃないと考えた上で最善の策を考えるもんじゃないのか。つまり、先生達の点取りと出世のためじゃないか、その言い訳のダシに生徒と受験が使われてないか。
それに、規則を歪めてもいいと、行動で生徒に示していることになる。褒められた話じゃない。
どうしても補習が必要なら、受験が終わってからでもやるようにして、来年以降はカリキュラムを考え直すしかないんじゃないか。

自分が大学受験を済ませたのはだいぶ昔だから、一概に今と比較するつもりはないのだが。
受験のためだけの勉強を本気でくだらないと考え、受験を突破するためではなく、本当の意味で厚い教養と論理思考を身に付けさせようとする先生もいた。その中で特に受験にはここが役立つだろうが、それだけ覚えて済ませようとするんじゃない、と指導する先生が。
もちろん生徒は不満たらたらだったが、大学の教養課程の授業、さらに社会に出てから意外なくらい、そういう先生達の指導が役立つ瞬間があった。
(例:政治経済の教師は、明治維新をざっとさらい、帝国議会成立と初代総理から始めて、歴代内閣を現在までずっと追っていく授業をやった。最初は何やらされるんだと思いきや、受験の世界史での近現代史理解に意外なくらい役立ち、さらに社会に出てから様々な問題を考える時でさえ役に立つことがあった。)
オレはたまたま先生に恵まれただけなのかもしれないけど。
こういうことは、そう大きく変わることじゃないと思うんだが。

もちろん受験は年々高度化していて、そういうことじゃ間に合わない時代になったんだ、という意見もあるのだろう。
なら、モーニング連載のマンガ「ドラゴン桜」がこんなに支持を集めるのはなぜだ。
だって、あそこでは「通常の授業で基礎学力を身につけた人間が結局は生き残るんだ」と繰り返し語ってるじゃないか。(私立の一部の大学が妙な難問を出す傾向は相変わらずあるらしいけど。)
マンガ、おとぎ話だからってだけで済ませられることなのかな。
それに、あそこに書いてあるようなことは、昔の受験生は自分達で見つけるしかなかったんだよな。それが手に入る今の世は、むしろやりやすい面だってあるのかもしれないよ。

数年前、とあるカフェで、受験生らしき男女数名が何やら情報交換しながら話をしていた。
声の大きな女子が一際大声で叫んだ。
「400年前の、どっかの国の人が何したかなんて、あたしたちの生活に関係ないし、関係すること自体あり得ない! そんなことを要求するなんて狂ってる! 必要なことはその都度考えればいいし、それくらいわかるよ!」
彼女はおそらく真剣に怒っていたと思う。もしかすると、受験に関係ない世界史をやらされて怒っていたのかもしれない。
だけど、人のしたことは知っておいたほうがいい。人はそう変わらないのだから。そして、知らなければ似たような過ちを犯しがちだから。それに、たくさんの材料を持っていたほうが考える幅が広がる。ただし、知ってるだけじゃダメで、ものの見方や考え方と結びついていかなくちゃぁ面白みがなくなってしまう。
本当はそういうことを実感させてくれる教師こそが大切なんだろうけど…。
見ず知らずの彼らにそんなことを話しても激昂するだけだろうから、言わなかった。若さの持つ傲慢さも、経験しないとわかんないしさ。
むしろ仲間内に、彼女をなだめる人が誰もいなかったことが、気にかかった。

多分若い子たちが受験に関することだけをさっさと済ませたいと考える最大の理由は、受験勉強以外に知らなければならないと感じていることがたくさんあり、そっちに気を取られるからだろう。
たとえばインターネットを通じて知識はすぐに得られるから、それをうまく加工・編集する技術。知らなくても大体のことはできちゃうんだからあえて覚えなくてもいい、その分を人脈の構築と、よりうまく世渡りする技術の吸収に使いたいこと。などなど。(←オレは若い人間じゃないから、想像だけどね。)
もしそうだとしても、やはりそれには考える力が必要で、本当に考える力を養えば、それは受験にも使える、ということがやはり重要であるはず。
教育基本法の改訂より、学ぶことの基本に立ち返ることが一番重要なんだと思うぞ。それがなくなりかけてるから、学校が荒れるんじゃなかろうか。
学ぶことは、本来は楽しいことであるはずなんだけどなぁ。

|

« いよいよ秋/文学フリマは明日 | トップページ | 第5回文学フリマの後で考えた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16751/12650807

この記事へのトラックバック一覧です: お受験なんでございますか:

« いよいよ秋/文学フリマは明日 | トップページ | 第5回文学フリマの後で考えた »