« 教養の変化? | トップページ | Javaのオープンソース化に想う »

2006.11.21

いじめに思う、自分へのハロー

学校でのいじめ問題から、生徒が自殺したり、校長が自殺したり。何件も。
いじめはおそらくどんな社会でも多かれ少なかれ存在するだろう。
ただ、昨今の状況は異様だ。

小中学校や高校(つまり未成年が集合教育を受けるところ)で起きる場合、特に義務教育である小中学校の場合は、国が制度として作った場所で起きているため、見過ごせないはずだ。
だって、親は教育を受けさせる義務があり、子供は学ばなければならない(学ぶ権利の行使だけど、まぁ義務という印象を持つ子が多いだろう)。
つまり、逃げ場がないのだ。高校での必修科目未履修よりもずっと大きな問題であるはず。

この問題は、子供同士だけではなかなか解決しない(自分の経験や、周囲の話に照らしてもそうである)。
親と教師を含む大人が介入しなければならないケースがほとんど。
その際、単にいじめをやめさせるだけでなく、いじめる側がなぜいじめるかを考えつつ、いじめなくても済むような状況・心境に持っていく努力が必要になる。地域ぐるみになるかもしれない。

もしも教師が頼りにならない場合、親は子を一時的に今の学校という場から離してあげて、どうすればいいかを一緒に考える時間を持ったほうがいいかもしれない。今はフリースクールも存在するし、以前よりも選択肢はいくらか増えているようだから。
逃げても似たような問題に遭遇するかもしれない。
でも、今現在、毎日いじめを受けて弱っている子は、まず落ち着かないと前向きに考えられる余裕さえないだろう。
身体が弱っている人に、運動は身体にいいからと無理矢理動かしても、いいことはない。それと同じだ。

***

いじめたり、いじめられたりの連鎖が出来るだけなくなるようにするには、成熟した行動をまだうまくとれない子らに代わって、大人が成熟した行動と視点を示す以外、おそらく解決できない。

何度もここでは書いてきたことだけど、子供は大人の縮図だ。
いじめ問題の現れ方は、大人が余裕なくなっていることと関係しているはず。
親が、教師が、会社の先輩が、自分の身近の年下の人々を、手をかけて面倒見る機会が減っている今の世の中。それくらい大人が磨り減っている世の中。
本当はそこを解決すべきで、それはスローライフとか、美しい日本とかで解決するわけじゃない。

むしろ、大人が日々の生活や仕事の中で、自分のやること/やるべきことを、徹底して行う、それを通じて自ら日々成長していく、ということを心がけるしかないんじゃないか。(自分に徹底していれば、子や後輩に対して感情で怒るのではなく、ちゃんと叱って必須事項を正していけるはず。)
そういう雰囲気から、子供も育つことへの意欲を何らかの形で得ていく(必ずしも学校の勉強ではないかもしれないし、それでいい)、そんな形でしか解決していかないんじゃないか。

「13歳のハローワーク」がベストセラーになった国だというのに、大人は自ら学びつつ、他人に感化もしていく、という基本がなくなったままなのか。
大人がまず、自らにハローと声をかけ、自分を大切にしているか、周囲の人々を大切にしているか、笑っているかを顧みながら生きるのが、一番の近道かもしれない。
(自分の日々への反省ももちろん込めて。)

|

« 教養の変化? | トップページ | Javaのオープンソース化に想う »

コメント

"( ´ ▽ ` )ノ"ちわぁ

トラックバックありがとう♪
ホントイジメって人間の心の最も深い部分だと思います。
自分はどうしたらいいのかをしっかり考えていかなければ、人のことどうこうは言えないので僕はまず自分を見つめたいと思ってます (・◇・)ゞ

                    @あき

投稿: 赤ちゃんのびのび育て!ママの子育て大辞典♪ | 2006.12.03 23:54

こちらこそありがとう!
子供以上に、大人の社会でもいじめがちらほら見えることに問題があると思うんですよね。
大人である私も含めて、多くの人が気付いて、いじめによる発散という連鎖を断っていくしかないのでしょうが…いろいろなことが絡み合って、簡単に片づかないことでもあります。
ただ、諦めてはいけないことでもある。少なくとも自分からは加担しないように心がけていきたいですね。

投稿: Studio KenKen | 2006.12.04 23:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16751/12765215

この記事へのトラックバック一覧です: いじめに思う、自分へのハロー:

» 「いじめ」は国民病?  任意整理 時事速報 [債務整理(任意整理)]
「いじめ」は国民病?  任意整理 時事速報 いじめの問題が後を絶たないですが、 命を絶ってそれで終りという悲しい現実が社会問題としてあります。 借金で死ぬ人 人間関係で死ぬ人 死が本当の解決じゃない事わかってるけど、 なんで、安易に大切な命を絶ってしまうのか・・・・ 国民病?なんて安易に無責任に名前をつけること自体、許せません!!...... [続きを読む]

受信: 2006.11.28 23:31

» 【いじめ】 命を軽視しないで!女優の志田未来さん出演 [赤ちゃんのびのび育て!ママの子育て大辞典♪]
僕は両親に恵まれているほうだと思う。だからと言うわけではないが、「幸せ」を感じたときは両親にありがとうって言うよ?産んでくれてありがとう^^ 今回のドラマも僕と同世代の子が主人公を演じ、僕らの世代の仲間へ何かを伝えようと・・・ ... [続きを読む]

受信: 2006.12.02 22:38

« 教養の変化? | トップページ | Javaのオープンソース化に想う »