« 言葉狩りが鎮まったのはよかったけど | トップページ | 暮れゆく富士 »

2007.02.15

春一番と猫

関東は午後、強風。
急に暖かくなり、風が吹いてきた。マフラーを外した。
夕刻より風雨。直接やられなかったけれど、笙のお稽古をするビルにも、音が響いてきた。
そして夜が更けると晴れてきた。

こういう時、何匹ものネコとすれ違う。

湿った地面に、ちょこんと座るネコ。
いったいどこを眺めているのか、視線の先には何もない。
声をかけても、首をかしげて、またあらぬ方を見る。

また、あるネコがタッタカターと小走りに。
私を見上げて「どしたの、どしたの、どしたの〜?」とウロウロ興奮し、また他の人のところへ行っては興奮する。

他のネコもみんな、妙に人を怖がらない。
どうしたっていうんだろうね。
春一番で、なんかスイッチが入るんだろうか。
そういえば、須藤真澄のネコマンガに、そういうのがあったなぁ。

|

« 言葉狩りが鎮まったのはよかったけど | トップページ | 暮れゆく富士 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16751/13915022

この記事へのトラックバック一覧です: 春一番と猫:

» news 2/15 2:00 [ヌコオンライン]
・南風に暖色の裾はためいて…初雪より早く関東も春一番http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20070214i415.htm (読売新聞/2/14) [続きを読む]

受信: 2007.02.15 02:28

« 言葉狩りが鎮まったのはよかったけど | トップページ | 暮れゆく富士 »