« ちぐさの閉店に思う | トップページ | トラックバックは確認後反映とします »

2007.02.02

内向きは日本のお家芸だけどさ

新聞の社会面の下には、お詫びや回収に関する、数多くの企業の出す広告。
不二家問題からこっち、日本全国謝罪キャンペーン月間なのか。

政治の場面でも出てきた。
その柳沢厚労相の問題発言(「女は子供を産む機械」)。
野党は辞任要求を出し、新聞も同様に首相の任命責任について触れた。喫茶店やカフェ、電車などの声で、問題視している人が多いように見受ける(Blogも同様か)。
一応首相も謝罪して、辞任はしない方向で幕を引くようだ。

***

一方で、少しプライベートな場(特にネットでの書き込み)は、少々温度の違う声を聞くこともある。

「辞任するほどのことかなぁ」
ただ、首相はテーマごとに仕事をしてくれる人として、各省庁の大臣を任命している。任命した大臣が、その仕事をするに当たって不適切な発言をしたなら、進退が議論されるのは当然。(首相の大事な仕事は、内閣の人事だから。)
辞任するかについて、指標を掲げずに、感情論が先行している点が情けない。というのが本当のところだろう。

「税金使って国会やってて、決めることが一杯あるのに、野党が辞任要求で予算会議に出席せずとか、そっちのほうが問題あるんじゃねぇ?」
つまり、時間も予算も限られていて忙しい、それはどこも同じ、そんな中、会議に出席しないなんてのどかな選択したら、サクサク決められることも決まらないだろ、それってどうよ、というところか。
こっちは同意する人がそれなりにいるんじゃないかな。

むしろ、こんな形でしか攻め手がないことのほうが、情けないのだ。
自民党は記録的勝利の後で野党を圧倒している。野党各党は、党内の意見をまとめてアドバルーンをぶちあげるに至っていない。そんな中、問題発言が出たから飛びついた。という風情に見えてしまうからね。

***

結局、与党も野党もグダグダな展開。
むしろ、安倍首相の描くイメージを、閣僚間で共有できていないように見える点のほうがこわい。
柳沢厚労相、久間防衛相なども含めて、政治家って言葉を放つ際の向き、届き加減などについて敏感でなければ、本来勤まらないものなんじゃないか。仲間内でだらだらしゃべるような発言が多く、これは過去に日本で何度も繰り返されてきたことでもある。
ただ、今回は目立つ。おそらく、首相の求心力があまり強くない印象とも関連しているだろう。

不二家問題なども、おそらく根っこは同じ。
トップが方向性をはっきり示していれば、内向きのグダグダな話に終始することなどほとんどないのは、企業や組織で働いたことがある人間にはすぐにわかることだし、それは企業でも政治でもほぼ同じはず。(日本は、なんだかんだいってもやはり教育水準は高いほうだし、それに支えられた個々の能力はあるはずだから。)

***

いつから日本はこんな風になったんだろう、といった話があるとすれば。
それはきっと、むかしっからだろう。だって、内輪話に終始するのは、まさに我々日本人の得意とするところなのだから(苦笑)。
だけど、戦後の昭和は、豊かになりたい、という方向がはっきりしていた。そのために、よいものを作る努力を惜しまなかったし、高い評価を受け、輸出によって豊かになっていった。(その分、食糧や燃料の自給率が下がる、というトレードオフも経験している。)

そして、どうするのか。
結局、1970年代後半から言われていることが、いまだにグダグダのまんまなのだ、きっと。

以前より豊かになったのだからこそ、祖父母や両親の代では難しかった様々なことに挑戦できるはず。個々人が自分の目指す方向に挑戦し、それが様々な分野で厚い人材層を形成する。
そのために、まずはいろんなことをやってみるように促す機会を、親や教育の両面で与えられるほうがいい。自分探しをするより、興味のあることにはいろいろ取り組んでみる、そこから思わぬ視点が見つかる、といった経験をしたほうが、どういう方向に進みたいかもわかりやすいと思うんだ。

内向き感覚とは、所属組織こそがもっとも大切、ということ。そうではなく、自分が何をやっていく人なのか真剣に考える、という経験を踏まえていくことで、組織の内側を凝視していく価値基準は薄れていくはず。また、職務に対して嘘をつかない人間になれば、無理な組織統括をしなくても、協力し合ってやっていけるはず。
知的財産にシフトする世の中でやっていくには、そうやって個人の可能性を高めるしかないと思うんだよね。
そういう方向のためにこそ、教育の整備などを考えてほしい。ボランティアの義務化、とか言ってる場合じゃないと思う。そんなことは社会に出てからでも学べるはず。

|

« ちぐさの閉店に思う | トップページ | トラックバックは確認後反映とします »

コメント

誤字がありました。お詫びして訂正いたします。
(自分でお詫びと訂正をしてるじゃん。。。)

投稿: Studio KenKen | 2007.02.02 15:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16751/13750428

この記事へのトラックバック一覧です: 内向きは日本のお家芸だけどさ:

« ちぐさの閉店に思う | トップページ | トラックバックは確認後反映とします »