« トラックバックは確認後反映とします | トップページ | 自由意志と人間 »

2007.02.06

鼻水とともにあける

あけましておめでとうございます。
(立春を迎えたので、改めてご挨拶をば。)

***

2/3、節分の土曜日、前日の満月の冴えを思い出しつつ、出かける。
知人達と喫茶/食事。ここ数年お会いしている方々と、ゆっくりおしゃべり。
帰宅してみると、意外に疲れていることに気付いた。
睡眠不足がたたったか。いやむしろ、虫歯治療中の影響か(先生の腕がいいから痛みはないんだけど、なんとなく疲れるのよ)。

いやいや、数日前から鼻をかむ回数が増えている。花粉だ。
12月に臘梅が満開を迎えた年らしい現象。

***

2/4、立春の日曜日、COMITIA@東京ビッグサイト に行く。
前日の疲労からか、寝坊。ノロノロしているうちに、出発が大幅に遅れた。外に出た途端、鼻水がたれる。花粉、いよいよ本格化。

日は暖かく風冷たいビッグサイトに、鼻をかみつつ到着。
なんと終了10分前。というより、終了時刻を30分勘違いして、午後4時だと思い込んでいた。
何しに来たの?てなもんだ。
知人のブースで暖かく迎えられ、ほっとするも、お目当てのブースなどほとんど回れず。ちなみに次回(5月)はモーニング、イブニング、アフタヌーン3誌合同原画展を併催、規模も拡大とのこと。

軽食をとり、思い付いたアイデアを少しメモする。行き交う人々を眺めつつ、ゆりかもめに乗る。
りんかい線が延線し、話題性も減ったせいか、以前ほど混んでいない。運賃が高いからか。
夕焼けの色がゆっくり落ちていく。高速と並走する頃には灯が目立ってくる。ベイブリッジが光りに包まれていく。夜になっていく海の色を眺める。
海のある風景を目に入れたかったので、とりあえず今日はよし、とする。

夜、昼の保温を許さぬような冷え込み。
帰路はどこもかしこも人が少ない。
急に数年前、2月に赴いた京都で、寒風吹きすさぶ四条河原町にほとんど人がいなかったことを思い出す。
そういえば立春は一番気温が低い頃である。

夜、調べものの読書を続ける(何かは秘密)。ここ10年ほどで進んだ研究が楽しい。

***

月曜、朝は冷え込んだのに、昼間はびっくりするくらい気温が上がった。
やはり立春。いや、今年は暖冬なのだ。
ただ、花粉は昨日のほうがひどい。

花粉症歴数十年。立春とともに花粉が派手にやってくるのは、滅多になかったと思う。
同士の皆さま、乗り切っていきませふ。

|

« トラックバックは確認後反映とします | トップページ | 自由意志と人間 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16751/13806783

この記事へのトラックバック一覧です: 鼻水とともにあける:

« トラックバックは確認後反映とします | トップページ | 自由意志と人間 »