« 京都、景観保護のための条例を可決 | トップページ | 4月目前に風邪 »

2007.03.23

アキバのMac Store、リニューアルの知らせ

秋葉原には、アップルが出すApple Storeはない。(東京では銀座と渋谷にある。)
そのかわりとなるような店として、LaOXがMac Storeを出していた。
ザ・コン館(LaOX THE COMPUTER館)の近く、旧LaOX Mac館と同じ建物で、Apple Store風のディスプレイをしていた。
1階のiPod売り場で、イヤホンを大量に試聴できたのが特徴(ただし、ヨドバシなどもやってる)。

ここ、たまに行くと、1階と2階(Mac本体売り場)はそれなりに人がいるが、3階の周辺機器売り場、4階のソフトウェア・書籍雑誌売り場、5階の中古売り場はびっくりするくらい空いていた。(4階の客が私一人、ということもあった。)

今日知ったのだが、3/21にMac Storeを閉館して、ザ・コン館の3階に移転するという。
新規開店は3/24(土)。
4/1(日)までリニューアル・オープン・セールをやるという。

(旧Mac Storeは、3/31よりアソビット キャラシティ ASOBIT C として新規開店するという。趣味の店、と書かれているが、オタクの店ということ。)

***

かつては修学旅行の学生が訪れたザ・コン館だが、最近はいくらか静かになっていた。
そこより静かなMac Store、なくならないだけ、マシなのかもしれない。
でも、そこまで売れてないのかなー。結構いいですよ? 今のMac。

(ちなみにMacのシェアは、米国などでは伸びているが、日本では縮小傾向。確かに海外のエンジニアや研究者は、よくMacBook Proを携えているんだけど、日本では個人使用以外にはあまり見かけないな。)

***

一方、アップルはこんなこともしている。
つまり、有楽町ビックカメラ内に、Appleショップを設けて、常駐説明員を置いている。

マニアに絞らずに、顧客を得よう、というのが今のアップルの施策のようだ。
それに、誇り高きアキバの専門店が、アップルに依存するような形態はとらないんじゃないか、とも思う。
ただ、こうなると、ますますアップルのお客さんはヨドバシやビックに流れ込んじゃう(もしくはApple Storeへ行く)ことになりそう。
アキバのマニアック・ゾーンはどーでもいいのか>アップルジャパン殿

|

« 京都、景観保護のための条例を可決 | トップページ | 4月目前に風邪 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16751/14356553

この記事へのトラックバック一覧です: アキバのMac Store、リニューアルの知らせ:

« 京都、景観保護のための条例を可決 | トップページ | 4月目前に風邪 »