« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007.05.27

料理酒で酔えるぜ

某所で小さなライブを拝見。
その後、打ち上げに呼ばれた。
にぎやか、おしゃべりたくさん、料理もおいしい。

酒がダメなおいらは、ソフトドリンク。
どれくらいダメかつーと、コップ半分のビールで二日酔いになるくらい。
酒の香りや味はわかる。
わかるので何度もトライしてきたが、摂取すると、気持ちいい段階などまるでなく、頭痛と吐き気に突入するため、まず無理。

んが、1時間半経つ頃には、なんかこう…
頭の脇がちょっとジンジンして、脳内がすっきりしないような感覚。
そう、酒を微量摂取した時と、同じ。

店がソフトドリンクにアルコールを入れたのか…でも、それならわかりそうなものだ。
多分、味を豊かにするため、料理に入れた紹興酒あたりが原因じゃないかな。
帰ってからじゃなくて、翌日起床後もしばらく、あまり気持ちよくない状態が続き、ダラダラとお茶を摂ってしのいだ。

おい、料理酒で二日酔いかよ!
自分で自分に驚いた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.05.25

久々のHDDメンテナンス

花粉症といえば、杉や桧の花粉飛散が終わる5月に入れば、すっきりする方々も多いのだろう。
私の場合、もう一山ある。
5月の連休が終わる頃からしばらく、イネ科の花など5月に飛ぶ花粉で、眼がかゆかったり、鼻がムズムズしたりする。
今年はちょっと遅め。いまごろ、すごい状態になってる。
むしろ、2〜4月がいくらかラクだった分、今はちょっときつめに感じられる。
んあ〜、鼻水が出る〜。

それはそれとして、今週半ば、なんかHDDが不調だった。
長年つきあってきたカンとして、このままではラチがあかない様子。
初期化して、バックアップから書き戻す。
(その間は、サブマシンで地味に仕事。)
幸いなことに、最重要なものは一つも失っていない。
(んが、ここ数日メールなどを一部ロスト。仕方がないので、重要なやりとりだけは再送をお願いした。ちょっと情けない。)

ある程度きれいさっぱりして軽くなった状態でlogなどちょっと調べるうちに、気になることを見つけた。
Mac OS X "Tiger" 10.4になってからの新機能、Spotlightの索引生成時に、大きなI/Oのとりあいが出て、そのプロセスがクラッシュした時が、モンダイなのかも。
ん〜、しかし、あんまり時間もないし、真剣に調べまくることは(当分は)無理だろう。
一応自分向けのメモとして「Spotlightガリガリの時は、でかいI/Oに注意」とだけメモっておく。
(もしも関係がなかったら、Appleには申し訳ないところだが。)

眼と鼻はもうちょっとかかるが、マシンは一応すっきりした(はず)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.05.20

闘い済んで日が暮れて−−コンビニ戦争の幕引き

だいぶ前、Blogにする前の日記で、近所のコンビニが戦争状態になったことを書いた。
2003年11月の記事が発端。しばらく間を置いて、2004年1月の記事で、その後の様子に触れた。

状況を整理すると。
あるガソリンスタンドが閉店し、一度掘り起こして土地を乾かした。そこにマンションが建った。
1階に入ったのが、コンビニのam.pm.。
その向かいにも古くからマンションがある(道幅4mの道路を挟んでいて、信号も必要ない、のんびりした住宅街の道)。ここの1階には、激安ショップ。
am.pm.と激安ショップは扱う商品が異なっている(特に激安ショップが野菜や果物、安い輸入ワインやウィスキーなどを扱う)。そう直接的な競合はなかった。
この均衡状態の中、am.pm.の隣のビル、旧地銀支店の建物に入ったのが、セブン・イレブンだった。am.pm.にぶつけるように店舗を出しまくっていた時期だ。

***

そのまま2年ほどは、この状態で定着していたように見えた。
とはいえ、客が激安ショップとセブンイレブンに集中する傾向も見え始めた。
am.pm.は新しく建ったため、車道に対してセットバックしている。他の建物は飛び出しているため、目立つし、入りやすい。
品揃え云々よりも、入りやすさで差が出ている印象だった。

続きを読む "闘い済んで日が暮れて−−コンビニ戦争の幕引き"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.05.16

夕日に向かって

Cat070515_1

Cat070515_2

15日。大雨の後、見事な快晴と爽やかな風。
階段の途中、西に向かって鎮座ましますネコさま。

からだにピタリと巻き取ったシッポがキュート。
首輪をしてるから、この家の子なのか。
ご主人様を待っているのか。
夕日に向かって、何を想うか。

チラリとこちらを見るが、我関せず。
「ちょーっと撮らせてね」とカメラを向けても、やはり我関せず。
数枚撮り、礼を言ってから場を離れた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.05.14

第11回手塚治虫文化賞、決定

第11回手塚治虫文化賞の受賞者が、5月10日の朝日新聞朝刊で発表された。

  • 大賞:山岸涼子「舞姫 テレプシコーラ」
  • 新生賞:漫画・のぞゑのぶひさ、企画と脚色・岩田和博「神聖喜劇」(原作は大西巨人の小説)
  • 短編賞:森下裕美「大阪ハムレット」
  • 特別賞:該当なし

ちなみに、公式ページは5月14日現在、未更新のまま。

***

続きを読む "第11回手塚治虫文化賞、決定"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.05.13

DreamWeaver寡占に切り込めるか

先日の「DreamWeaver CS3発表に思う」に関連する話題。

あの記事では、一般ユーザ向けのWebページ記述/Webサイト管理ソフトがないものか、という趣旨だったが。
プロ向けの新しいソフトを見つけた。

続きを読む "DreamWeaver寡占に切り込めるか"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.05.10

DreamWeaver CS3発表に思う

連休があけた5月8日、AdobeはCreative Suites 3(CS3)ファミリーを発表した。

・Adobeのプレスリリース(5/8)

・インプレスのInternet Watchの記事(5/8)

AdobeとMacromediaの合併以降、初めてのCreative Suitesメジャーアップグレードである。両者がこれまで開発してきた有名なソフトウェアのラインナップが一斉にアップグレードされ、製品ラインも整理された。
Mac版、Windows版ともに、6月下旬から提供開始となる。特にMac版は、IntelMacにも正式対応する初めてのバージョンであり、待っていたユーザは多いと思う。

個人的な注目は、Webコンテンツ制作者向けのソフト。
Webページ記述とWebサイト管理を行うソフトとして、AdobeはGoLive、MacromediaはDreamWeaverを提供してきた。今回のCS3では、DreamWeaverに統合された。GoLiveは、CS3とは別の位置づけになるようだ。まったく同じ機能を有するし、プロやセミプロはDreamWeaverユーザが圧倒的に多いから、当然かもしれない。

それにしても、このラインナップ、現状は直接的な競争相手がいない。あえて言えば、MicrosoftとAppleくらいだろう。

***

続きを読む "DreamWeaver CS3発表に思う"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.05.08

停波の告知、正式に来る

ドコモから封書が届いた。
「PHSサービス終了日のお知らせ」だった。
4月27日に発表済みだが、利用者に改めて送られてきたもの。

・ドコモの公式発表

・インプレス:ケータイWatchの記事(4/27)

要点は、上記のケータイWatchがわかりやすいか。
報道にもあるように、PHSを解約する際に、手数料無料+端末代無料で携帯電話に乗り換える(あるいは既存の携帯電話の機種変更を行う)ことができる。
PHSを使い続ける場合の、ウィルコムへの紹介については、現在進めている最中だともある。(ドコモとしては、秋に始める予定の、FOMA定額通信サービスを使ってほしいだろうけどな。)

しかし、今年の3月でドコモPHSユーザが45万人(上記ケータイWatch記事より)。
乗り換えがめんどくさいし、代替としてすぐに乗り換えたくなる選択肢がない。しかも、他の回線とファミリー割引してあれば、なおのこと。
45万人のほとんどがそうじゃないだろうか。

優遇措置の期限は、PHS停波である来年の1月7日まで。それまでにはまぁ、決めんとなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.05.07

COMITIA 80にて (2)

昨日の記事への補足。簡潔にいきます。

  • 会場が広くなり、広い通路でたくさんのサークルを前にすると、冊子が多すぎてだんだん頭が飽和してくる。(買う気が徐々に失せていく…苦笑)
  • カラーの美しい表紙よりも、モノクロの表紙に惹かれることが多かった。(カラーのうまい絵は感心するが、センサーにはそれほど引っかかってこないことが多かった、とも言える。)
  • ジュンク堂書店の出張コーナーでは、山川直人「コーヒーもう1杯」が目立っていた(最新刊の第3巻が出たばかり、また氏は出店サークルとして参加していた)。
  • トークショーが開かれていたが、廻るのに忙しくて聞かなかった。後で思うと、ちょっともったいなかったか。
  • ティアズマガジン(コミティア公式ガイド)に掲載されていた、アフタヌーン編集長へのインタビューが要注目。文芸志望なので、文芸っぽいマンガということでモーニングに配属、朝から終電までひたすらマンガを読み、すぐに先輩に作家のところへ連れていかれた話。アフタヌーンに移って、1000ページ時代突入の最初を担った話。おもしろければなんでもありの姿勢は貫くなど。たいへん楽しいインタビューだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.05.06

COMITIA 80にて

5月5日、COMITIAに赴く(東京ビッグサイト)。

続きを読む "COMITIA 80にて"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

何もしないをする

5月1日〜2日を無事に乗り切った時、思った。
今年の黄金週間は、何もしないをしようと。

とはいえ、生き物は動くのが生業であるからして、彫像のように動かないわけにもいかない。ヒトとしては、本物のネコのようにおんもを向いたまま20分経過、などという真似もできない。
ていうか、最終目標を決めて、かりかりしなければ、それでいい。

睡眠不足の傾向が強いから、よく眠る。
コンピュータのモニターを凝視する時間を可能な限り減らす。
少しは脚を使う。
まーそれくらいか。となれば、散歩でいいだろう。

***

続きを読む "何もしないをする"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いよいよ「メタボラ」発売

昨年(2006年)の朝日新聞朝刊の連載小説、桐生夏生「メタボラ」、5月8日より発売。

当ブログでも以前記事にした
(この記事は新聞切り抜きなどせず、記憶に基づいて書いたもの。読了直後の率直な実感。)

とにかく引っ張られて読んでしまう小説。
人間的にも経済的にも、しょっぱく、すっぱい内容、てんこ盛り。
昨年から今年にかけて景気回復が強く言われるようになっているし、その流れからすればもう関係ないように思えるって?
そんなこととはまったくない。むしろじゅうぶん読む意義が増している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.05.01

少し復調傾向

4月下旬の不調は(前エントリー参照)、29日の指圧、30日の歩き(腰と背中を伸ばし、手を振って歩く)で、少し緩和したか。
29日は水分のみでほとんど絶食だった、というより食べたくなかったが、30日の午後に少し食べることが出来た(30日は暖かかったのも、助かった)。
5月最初の今日は、少しずつ三食とったし、仕事も一応できた。
本格復調はもうちょっとかかるか。黄金週間半ばなのが少し幸い?

それにしても。
29日は一応春、30日は快晴で初夏。
本日1日は雨で肌寒い。
目まぐるしいな。
明日も天候が目まぐるしく変わるそうな。
お出かけの時は晴れますように。

***

今回、あんまり量が食えなくなった。
以前に似たような症状が出たこともあり、その時に学んだこと。

出先でちょっとだけ食べるなら。
コンビニやドトールばかりじゃなくて。
甘味処が意外にいい、ということ。

おにぎり、磯部焼、お雑煮などがある。
量もそんなに多くない。成人男性なら、ほんとに軽食。

というわけで、復調のための散歩として石神井公園に赴く途中にあった、和菓子屋に助けられた。
地味で見落としがちだったが、ふと気付いた。
奥に喫茶コーナーがあって、軽食メニューも豊富。
盲点だった。こんないいところで営業していて、ありがとうございますって感じ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »