« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007.07.31

日本国は単なる会社じゃありません

前のエントリー「忘れ難き日だろう」の最後に、日本の戦後政治のメインストリームとして自民党や社会党、共産党などに少し触れ、メインとなる選択肢やオルタナティヴということを話題にした。
過去についての話だから、こうした枠組みに触れるわけだが、これからのことを考えれば違う話題に転ずることになる。

***

党というのは、イデオロギーや政治経済の方向を共にする人間が集まり、そこから導き出される政策を実現するための組織だ。党が複数あり、さらに巨大な政党は内部に派閥があり、それぞれが政策のパッケージを示す。有権者はそれを選挙で選択する。
しかし、実際のところ、有権者の本音は「地域振興策はこの政策がいいけど、選挙制度はあれがよくて、税制はまた…」という具合に、一つの政党が示すパッケージだけで満足しないケースも多い。
それでも、経済成長と豊かさの享受が大きな目標だった1980年あたりまでは、政党のパッケージ政策を選ぶことでどうにかなってきた。より便利で豊かに、が暗黙の了承だったので、どこがそれをもたらすかを目安に出来たからだ。
ある程度の豊かさが行き渡り始めたのと、無党派層が拡大していったのが時期を同じくしている。現在重点を置いてほしい政策に対して、自分に合いそうな候補者を選ぶ、それがなければ仕方なく希望に近そうな政党を選ぶ。だから、時々大きく票が動く。以前は自民党から社民党へ、今回は自民党から民主党へ。

パッケージ選択の方法に関しては、結婚式の変遷が参考になるのかもしれない。
以前は、ホテルや結婚式場の示すパッケージがあり、式のランクに応じて料理も式次第もある程度決まっている。ランクの高い=料金の高い式は、料理もドレスも会場も引き出物もみんな高い。安い式はその逆。そこにオプションの希望を少し盛り込んで、あとは半ばオートマティックに動く。
それが、パッケージは一応あっても、料理はお金をかけるが、ドレスはシンプル、引き出物は簡素で邪魔にならないもの、といった具合に選択可能になっていく。会場も洋館貸し切りなどバリエーションが豊富。
おそらく、政策もそんな風に選びたい、と思っているのが、無党派層なんじゃないか。

***

続きを読む "日本国は単なる会社じゃありません"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

忘れ難き日だろう

先日のエントリー「二人の永眠」は、他の方にとってみれば「臨床心理学の巨人と、お前のばあさんとの日を並べられても、だからどーしたってんだ」というところだ。

祖母は明るく柔らかで、子や孫、ひ孫らを受け入れつつ、野放図にもしない何かがあった。威圧感などとは無縁でありながら、一族の中心となる立ち位置、ゼロポイントといっていいような何かをまとっていた。小さな家のことだが、ある種のカリスマ性と言っていいようなものを持っていたのかもしれない。
私が幼い頃まで経営していた旅館のおかみとしての働きがそうさせたのか、元々そんなところがあったから祖父を支えてともに旅館を経営できたのか、それはなんとも言えないが。

入院してから、何かとても神々しいような、厳かな瞬間が時折あり、生の不思議を思った。そんな時、ほとんど同時に河合隼雄氏の訃報にも接した。
河合氏は日本のユング派臨床心理の紹介者、箱庭療法の創始者である。カリスマ性があったことは、私が触れるまでもない。
同じ日に亡くなったことは、私個人にとって、何かの符牒のように感じられてならなかった…まぁ確かに他の方にとってはどうでもいいことかもしれん。

***

7/29、参議院選で自民党(および公明党)が記録的大敗を喫し、初めて自民党が参院第1党から転げ落ちた後、作家の小田実氏の訃報が流れた。享年75歳。

・アサヒ・コムの記事(7/30)

・YOMIURI ONLINEの記事(出版トピックより、7/30)

続きを読む "忘れ難き日だろう"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.07.28

二人の永眠

7/19の午後2時半前、臨床心理学者の河合隼雄氏が逝去された。享年79歳。(たとえばアサヒ・コムの記事はこちら。)
ユング派心理学を紹介し、独自の箱庭療法を完成・普及した。また、夢や神話への言及、さらに文学作品の読み込みで幅広い支持を得てきた。
文化庁長官に就任してからは、むしろたいへんだったのかもしれない。高松塚古墳壁画の損傷修復の問題で奈良の明日香村に謝罪に訪れ、その後に倒れてからは意識が戻らなかったと聞く。
氏の本領はやはり箱庭療法だろうが、人の深層をくみ取るように読みつつ、常にユーモアややさしさを忘れないあの著作群に気持ちが揺さぶられた方々も多いのではないか。
私が学んだ心理学はまた別の考え方を持っていたし、氏の著作に全面的に共感するものではないが、魅力と読みごたえに溢れていたとは思っている。
深くご冥福を祈ります。

***

その数時間後、私の祖母がひっそりと息を引き取った。

90歳を過ぎても、食材の買い出しは自分で行くなど、年齢の割には元気に過ごしていた。若い頃のようにはいかないが、ボケてはいなかったし、時折フランス料理を楽しんでもいた。(若い頃、祖父にご馳走された洋食がおいしくて、それ以来洋食が大好きだった。)
昨年秋、大病をして、下半身の自由がきかなくなってきた。急に衰えが目立つようになった。歩くこと、移動することが思い通りにならず、日常生活が不自由になったことが、気力を奪ったようだ。
それでも元が丈夫だったのだろう、今年の春、みやげに持参したル・ノートルのショートケーキを一つ食べて、おいしいと話していた。

ただ、徐々に広がるガンはどうしようもない。今年の6月末に緩和ケア病棟に入り、静かな時を過ごした。(とはいえ、誰かが必ず見舞いに行っていて、緩和ケアの病室とは思えぬほどにぎやかだったが。)
見舞いに行くと、加減のいい時は、少しだけ話ができる。夢で大雨が降っていたとか、冷蔵庫の中に云々とか話しつつ、孫が来ている時の「おばあちゃん」の顔になる。
おだやかで、子供や孫やひ孫を抱擁する、一族のゴッドマザーの顔に。

永眠の前日も、見舞いに訪れた。もう話す体力は残っていないが、声をかけると反応がある。少し苦しそうにしていた祖母に対して、痛み止めなどを看護士にやってもらっていたが、なかなか眠れずにいた。
しばらくすると、口腔の専門家がやってきた。口腔清掃の後、とても穏やかな眠りが訪れた。口腔の先生曰く「まだ意識がありますし、眉間や口の動かし方などを見て、気づかってあげてくださいね」。
専門家の見立てはすごい。感心するとともに、身体の自由がなくなっていき、意志疎通もうまくとれず、口をきれいにしてほしいという思いに気付かないことに、申し訳なくも思う。でも、こうして気づかってくれる方がいて、静かな眠りがやってきて、よかった。
その周りで、息子や娘達(つまり私の父や叔父、叔母達)が話していると、私が3歳頃の、祖父母の居間のようだ。この声をバックに、いい夢を見てほしいと、心の底から祈った。

子供たちと、一部の孫に囲まれて、静かに息を引き取ったそうだ。(私はその日、仕事をしていて、母からの電話で知った。)
最後の病気は苦しかったとはいえ、大正・昭和・平成と長く生きて、大往生の葬式は穏やかだった。まさに、ありがとう、だった。
深く深く冥福を祈るものである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.07.15

気圧の変化?

関東にも台風が近づくと言われ出した7/11あたりから、湿って気温が上がらない。なんとなく心身重し。
しかも、14日は所用で外出。夜の帰宅で、しこたま濡れた。

肩や腰の凝りがひどく、15日は休憩。
台風がゆっくり通過していったようだ。湿度高く、風も強く、窓は閉めたまま。夕方まで降ったり止んだりしていた。
夜になると、さすがに少し空気が動き出した。やっと窓を開ける。だいぶラクな空気になっている。
それにしても、人間は意外に気圧に左右されるものらしい。

明日、予報によれば台風は去るが、台風一過のすっきりにはなりにくい、という。
今日よりは気圧が上がる、と願いたいところ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.07.10

梅雨の独り言

7日(土)あたりから湿度が下がって気持ちいいくらいだったのに、9日(月)から蒸してきた。今夜は雨風で窓をあけていられない。
7月も中旬に入ろうという頃に、関東は梅雨らしくなってきたわけか。6月、早々と真夏日になったというのに。
昨年を思い起こさせる。確か、梅雨があけたかどうかわからないまま7月末まで過ぎていった。祇園祭の山鉾巡行が、雨の最中だったのも覚えている。

いや、今年は春が似たような巡りだった。
2月、急に温かくなったと思ったら、3〜4月はむしろ冷えて「なんで?」と思ったもんだ。
あんまりおどかさないでほしいです、お願いします、お天道さま。

***

ずっと続けてきた笙の稽古だが、今月は怪しい雲行きで、行けそうにない。
う〜ん、夏以降に小さな出番があるので、少しだけでも行っておきたいのだが。
低気圧接近中は、なんとなく考えに勢いがなくなるだろうか。

でも。
帯状疱疹、だいぶよくなってきた。痛みはほとんど感じない。ちょっと硬くなっていた患部もだいぶ柔らかくなってきた(跡はまだ残るけど)。もうしばらく経てば、戻るだろう。
いつかは明ける。せめて明るい気持ちで、淡々とこなしつつ、日々を過ごしたい。

***

そういえば、アフタヌーン連載「ヒストリエ」(岩明均)の第4巻は、7月23日発売予定。
やっと、である。
連載では、第1巻から展開されてきた様々な出来事や人物の動きが、ついにリンクしつつ、次へ進み出すあたりまでいってます。
単行本派の方々は、楽しみに待たれよ、という内容のはず。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.07.08

東京国際ブックフェア2007

今年も東京国際ブックフェア@ビッグサイトを見てきた。
例年、東ホールで行われてきたが、今年は西ホール。まぁ言ってみれば、縮小傾向ということか。
さらに、平日はどうしても都合が合わず、土曜に足を運んだ。同時開催の文具フェアなどは金曜で終了。ちょっとちんまりとした印象。

***

続きを読む "東京国際ブックフェア2007"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.07.05

骨董に込める思い

先日触れた「ETV特集・吉田秀和」は、あちこちのブログやSNSでも言及されている。おそるべしテレビ、おそるべし吉田秀和、である。

番組でも取り上げられていたが、ホロヴィッツ初来日公演についてコメントした「ひび割れた骨董」は、独り歩きしてあちこちで反射・共鳴していった。

***

続きを読む "骨董に込める思い"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.07.03

ETV特集・吉田秀和

先日放映された「ETV特集・吉田秀和」を、録画で見た。

吉田秀和氏は、90歳を超える現役の音楽評論家。終戦直後から一貫してクラシック音楽について書き、語り、教育に関わっている。
1950年代の二十世紀音楽研究所設立は、おそらく戦後音楽史の一つのエポックだろう(私はリアルタイム世代ではないが、様々な前衛音楽創作活動を横断する場、初演を行う場があったことは重要であり、その精神は、後に音楽祭で現代音楽が多数上演されることに引き継がれていると感じる)。
1980年代以降は美術評論も展開。最近は水戸芸術館の館長も務めている。昨年、文化勲章を受章。

個人的には、中原中也と東大で出会って以来、友人だったこと、鎌倉に暮らす鎌倉文人の一人であり、小林秀雄、大岡昇平らと交流があった、といったことを思う。
つまり、第2次大戦前夜から現代に至る、近現代文化史と音楽の生き証人である。政治家なら後藤田正晴氏、宮沢喜一氏らのような存在でもあるか。

そんな氏の軌跡を映像とナレーションで追いながら、作家・堀江敏幸氏によるインタビューを挟む構成。

マイクに対して、真摯に、しかし軽やかに応える姿は相変わらずであり、この方は老いてますます明るく研ぎ澄まされているのかと驚く。(生と死に向き合い、芸術について思考してきた、氏ならではだ。)

番組自体は、これまでの名文・名台詞の集約もあって、見応えじゅうぶん。

***

続きを読む "ETV特集・吉田秀和"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »