« 秋葉原の「ザ・コン館」、9月末閉店 | トップページ | 2007年半ば、今のアフタヌーン »

2007.08.09

夏が来れば

夏になった。
8月に入り、やっと入道雲。
けれど、夕暮れは秋のように淡い雲が、高めにかかっている日も多い。
ジワジワと湿って暑苦しいだけじゃなくて、カラッと暑い日もちょっとくらいはほしいけどね。

夏が来れば、生き物が動く。
シオカラトンボやクロアゲハがあちこちを飛んでいる。
とはいえ、地面でカラスがバサバサやってるのは、なぜ?
降りてみると、かなりでかい子が一匹。首を右に振り、左に振って、片目ずつこちらに焦点を合わせてくる(カラスは正面からでなく、こうやって相手を確認することが多い)。
特にケガをしているわけではなく、脚立や自転車などで遊んでいたようだ。ケガしていないのならと立ち去ると、いつの間にかどこかに行った。
以後、二度と立ち寄らない。ほんとに記憶力がいいな。

近所の猫だまりでは、今年に入って見かける細くて白い三毛が、他にワラワラ引き連れている。一匹はダンナらしき雄。
二匹、薄いグレーの子がいる。白い足袋を履いた子と、白いソックスを履いた子(つまり、足の白い部分の面積が違う)。まだ少年少女。
ちょっと近くで見せてもらおうとすると、さっと白い三毛が前に出てきた。こちらに(腰が引けつつも)身構える。いや、ひどいことをするわけぢゃなく、見せてほしいだけなんだが…といっても通じないわな。
いたいけな細くて小さい猫の母親っぷりに、手を振って別れた。
せめて楽しく人と共存して暮らしておくれ。

|

« 秋葉原の「ザ・コン館」、9月末閉店 | トップページ | 2007年半ば、今のアフタヌーン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16751/16061779

この記事へのトラックバック一覧です: 夏が来れば:

« 秋葉原の「ザ・コン館」、9月末閉店 | トップページ | 2007年半ば、今のアフタヌーン »