« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007.10.31

音のタイムカプセル

あ。音楽の捧げ物、だ。

グスタフ・レオンハルトがチェンバロ演奏と全体監修を行い、クイケン3兄弟がヴァイオリン、フルート、ガンバを、またロベルト・コーネンが第2チェンバロを担当。
1974年、セオンレーベルの録音。
発売当時は評価が割れたが、いまは名盤の一つに挙げる人も少なくない。

自分で選んでCDをかけたんだ、確かに。
数えきれないくらい聴いてきたけど、ここ数年聴いてないと思って。
けれど、まるで初めて聴いたような新鮮さで、急に迫ってきた。

続きを読む "音のタイムカプセル"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年の文学フリマ、新刊入稿

ないと言ってた松浦理英子「犬身」、平積みが復活していた。
奥付を見れば、まだ1刷。配本を抑えていたのかしらん。ま、よくあることです。

さて、文学フリマには、お誘いいただいた同人誌に参加すると書きましたが。
先週には原稿を渡し終え、主宰のtoricoさんより印刷所に入稿したとの連絡をいただきました。

これで、11月11日(日)の文学フリマ当日、ほぼ確実に新刊発売です。
ブースはA-44。
よろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.10.27

Leopard祭りらしいぞ

10月26日、Mac OS X 10.5 "Leopard"(レパード)が解禁となった。
2年ぶりのメジャーアップデートをさらに半年延ばしての、リリース。
発売イベント、さらにイベントより早く到着した通販入手組による掲示板やBlogでのインストールレポートなども相次いでいる模様。

Apple Store, Ginzaに長い行列(300名超)が出来たのはまぁ当然として。
おもしろいのは、量販店でのイベントが、意外に力が入っていたこと。

ヨドバシAkibaでのイベント等の記事(ASCII.jp、10/26)

有楽町ビックカメラでのイベントの記事(ITmedia、10/26)

欧米ではiPod/iPhoneだけでなく、Macの売上も手堅く伸びている。
一方、日本では前年同期比マイナス、という状況が続いている。
ただし、欧米の状況を考えれば、日本でも頭打ちのPC市場を拡大する材料になるかもしれない。
iPhoneが日本市場にもやってくると、欧米と似た状況を作り出せるだろう、その売上を受け取れる体勢を今のうちに。。。

また、Windows Vistaが当初の仕様を縮小した上、予想より盛り上がらなかったことなどから、いま追い風に乗っているMacで、ぜひ新規顧客層掘り起こしを。。。

そんな思惑が透けて見えるようなイベント。
でもまぁ、ユーザにとっても選択肢があるのはよいことなのだし、歓迎すべきことだ。

かくいう私は、所用で出遅れたし、今日は台風だし、いち早くインストールするよりも周辺機器への対応状況が落ち着いてからでいいか、と思ったりしてる。
(新機能を試したいって気持ちもあるけど、それで仕事をするわけじゃないし、と自分に言い聞かせてる、とも言えるな。)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

いまごろ台風かよ

10月も押し詰まって、台風である。
関東は昨日から雨風。
昼間、軒先ですずめが雨宿りしてた。
こんなことは初めて。いきなりの強風でよほど慌てていたのか。
しばらくチュンチュン、カタカタ(←足音)いってたけど、なんか心和む音。

ドリス・レッシングの書籍が入荷し始めている。晶文社「アフガニスタンの風」、英宝社「ドリス・レッシングの珠玉短編集」など。
一方で、買い忘れてた松浦理英子「犬身」が店頭で品切れになっていた。
タイミングを外したか。やれやれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.10.22

有楽町駅前ロータリー

JR有楽町の駅前、長いこと工事していたけど、10月12日に丸井がグランドオープン。
久々にあのあたりを通ってみたら、JRの改札からすぐの車道と信号が、全面的に歩道になっていた。そのまま丸井やカフェのあるビル2棟へ歩いていける。ちなみに、かつて車道だった高架線下は、石を敷き詰めたきれいな歩道に。
つまり、車道は向かいの交通会館(三省堂書店のあるビル)を囲むロータリー状態に変貌したことになる。

それにしても…
交通会館側から見ると、なんというかこう…
新しいビルのオープンした地方都市の駅前、みたいな印象。

続きを読む "有楽町駅前ロータリー"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.10.16

やっと、を二題

やっと、群像11月号を買った。
というか、買えた。

発売日の7日、近所でいつも買う書店には、既になかった。
(発売日を過ぎても、最後の1冊くらいは必ず手に入るのに。)
数日、買うのを忘れていて、はっと気がつくと、神田の三省堂、東京堂などにも軒並み在庫がない。ジュンク堂も同様。

続きを読む "やっと、を二題"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.10.14

iPod touchはナニモノなのか

首、肩、腰の凝りがマックスに到達した模様。
うーん、緩めるために歩きつつ、紙の上で作業をしたり。

それはそれとして、9月下旬から10月初頭にかけて「手に入らない!」「どこそこで売っていた!」と一部で騒ぎ(?)になった、iPod touch。

これ、すごくおもしろいんだけど。
でも「買わなくちゃ!」にまで至っていないような。というか、結局のところ、買っていない。

少し前に、iPhoneを見せていただく機会があった。

続きを読む "iPod touchはナニモノなのか"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.10.09

今年は文学フリマ出店の同人誌に参加

来月は文学フリマ
Studio KenKenの個人サークルとして、出店はしませんが。
toricoさん主宰の「絶対移動中」Vol.4 に参加(お誘いいただき、ありがとうございます)。
現在、絶賛執筆中。

開催は、
11月11日(日)の11時〜16時に、
東京都中小企業振興公社 秋葉原庁舎 第1・第2展示室(秋葉原駅徒歩1分)
です。

よろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

日比谷の記事、補足

先日の日比谷関連の記事(帝国ホテルが三井不動産傘下に)。
歴史的な観点からは、鹿鳴館、井上馨、渋沢栄一と大倉喜八郎および喜七郎、また井上馨と三井財閥の関係が想起されるべきかもしれない。
またさらに、2次大戦後に会長となった金井、その株を取得した国際興行(小佐野賢二)、サーベラスファンドと経営権が移りながらも、海外にも名高いホテルとして君臨し続けたこと。それが、発案者の井上馨とつながりの深い三井に戻った、という因縁も思い起こされる。

ただ、帝都の誇りとして設計された鹿鳴館と隣接する近代ホテル、日比谷公園周辺の落ち着いた佇まいとともに、劇場や映画館が隣接する空気感も含めて、日比谷という街を形成しているようにも思う。
繁華街としての娯楽施設が密集する中、風格と庶民性の適度な同居が、あのあたりの魅力なんじゃないかな。
そこをうまく押さえた街作りになるといいな、と思っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.10.02

iPod touchのWin接続問題を修正

9月25日の記事で、iPod touchが発売早々、国際版Windowsで動くiTunesに接続するとうまく動かないこと、アップデータで対応する予定であることに触れた。

9月28日に、アップデータが出た。
ここではニュースへのリンクを示しておく。

AV Watchの記事(9/28)

記事にもあるように、iPod touchのファームウェアが1.1から1.1.1に上がるそうだ。

これ、WindowsではiTunes 7.4.3 for Windowsをインストールして、接続するのだが。
Macの場合は、iTunes 7.4.2のままで、iPod touchアップデータが1.1.1になり、これでアップデートするという。
私は実機を所有していないので、あくまで資料経由で整理しただけなんだが。
なんか込み入ってきましたね。

この問題のためかどうか未発表だが、量販店やアップルストアへの入荷はまだらしい。
先日、知人にiPhoneを触らせていただいたのだが、とても斬新かつ自然なUIで、驚いた。
iPod touch、つまんないことでモタモタしないでほしいですな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日比谷はどう変わるんだろう

10月に入る直前の週末、急に気温が下がった。
それも、9月28日(金)が30度を超え、翌29日はいきなり20度を切った。
身体が相当びっくりしてた。
それにしても一気に秋。

***

10月を前にして、興味深いニュースがあった。
三井不動産が帝国ホテルの株式33%超を取得。名門ホテルは三井不動産傘下に入ることになった、とのこと。

ロイターの記事(9/28)

帝国ホテルは今後の建て替えに必要な資金を得ることが出来るし、三井不動産は日比谷地区の再開発などで相互のメリットを活かしていくということらしい。

続きを読む "日比谷はどう変わるんだろう"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »