« 満月前の独り言 | トップページ | iPod touchのWin接続問題を修正 »

2007.10.02

日比谷はどう変わるんだろう

10月に入る直前の週末、急に気温が下がった。
それも、9月28日(金)が30度を超え、翌29日はいきなり20度を切った。
身体が相当びっくりしてた。
それにしても一気に秋。

***

10月を前にして、興味深いニュースがあった。
三井不動産が帝国ホテルの株式33%超を取得。名門ホテルは三井不動産傘下に入ることになった、とのこと。

ロイターの記事(9/28)

帝国ホテルは今後の建て替えに必要な資金を得ることが出来るし、三井不動産は日比谷地区の再開発などで相互のメリットを活かしていくということらしい。

今年の春、日比谷の三信ビルが取り壊された。
(三信ビルの名物喫茶、ニューワールドサービスについては、当ブログでもここと、ここと、ここで取り上げた。)
たいへん美しい建築であり、もったいないと今でも思うが、取り壊してでも前へ進むというのだから、新しい建物でまた魅力的な街並みに育ってほしい。

通りを挟んだ日比谷三井ビルはまだ健在だが(1階にスターバックス、2階に日東コーナーハウスなどが入っている)、ここも再開発対象となっていると聞く。
日比谷公園を望み、シャンテ(映画館とショッピングゾーン)、東京宝塚劇場、日生劇場などが隣接している。
帝国ホテルももちろん、このゾーンと接している。
また、シャンテ、帝国ホテルの間にあった東宝ビル/日比谷映画は2005年に閉館、現在建て替え中。この11月、新しいビルがオープンする(無印良品などが入る予定)。

巨大ではないが、東京の繁栄と娯楽を記憶している街だ。

一方、すぐそばではペニンシュラ・ホテルが新規開業しており、そこから丸の内にかけては三菱不動産が再開発を進めている。
こちらは東京駅近辺の再開発と連結させてイメージを一新。既に人が集まり出している。
日比谷周辺は後塵を拝している、という印象もあるのだろうか。

日比谷三井ビル周辺は、日比谷公園から続く空気感を共有している。帝国ホテルが高層化した時も、それは守られてきた。
どういう形で再開発していくのかはまったく発表されていないが、日比谷公園を借景にできるのだから、ゆったりできる空気をまた大切にしてくれるとうれしいね。

|

« 満月前の独り言 | トップページ | iPod touchのWin接続問題を修正 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16751/16644300

この記事へのトラックバック一覧です: 日比谷はどう変わるんだろう:

« 満月前の独り言 | トップページ | iPod touchのWin接続問題を修正 »