« これは…凶悪な仕様変更では? | トップページ | 今年は潤んでるのか »

2007.11.19

12年一昔?

文学フリマ(11/11)からずっと外出続き。(出るとほぼ一日動き回るので、重いPCやMacは持ち歩かなかった。画面にじっくり向かうのが久々。)

この11月は、特に電気通信関連の各種イベントやらセミナーやらが多い。次へ繋がる技術が、サーバやクライアント、無線通信の三面で展開されつつあるからだろう。

2000年頃は、今月のような状況が2005年にやってくるんじゃないかと思っていた。
つまり、インターネットが世間一般に知られるようになった1995年から10年経ち、一区切りする頃に次の芽が出てくる、というざっくしりた感触を持っていた。(サーバやクライアントの技術に新機軸が出てくるだろうし、無線通信関係も3Gや無線LANの普及、さらに3.5Gや4Gを視野に据える頃だという予測。)

実際に変化の波が出揃いつつあるのが今年の2007年。Web 2.0以降のサーバサイド技術の整理と拡張(サーバマシンのマルチコア化、Javaのコモディティ化、Rubyなどの新世代スクリプト言語の普及、.NETとJavaその他の相互運用姓向上、AjaxやFlashの日常化)があり、一方でモバイル端末の高機能化(スマートフォンやiPhoneのようにPCに近づいたブラウジング環境やアプリケーション実行環境)、Wi-MAXや3.5G/4Gを視野に入れた開発)が今後の変化を押し上げつつある。ドコモの2008年PHS停波も、この流れに入りそうだ。

1995年から12年。
西洋流のdecadeではなく、東洋の干支(十二年一周り)と同じですな。
いや、だからどーってわけぢゃないんだけど、なんとなくおもしろい、と思ってな。

ちなみにもう一つ。
最近の20〜30代のエンジニアは、プレゼンテーションがうまいんじゃないかな。
ただ、導入やポイントでの笑いの取り方が、お笑い的か、2ch的、という印象。これはこれで最近の傾向ってやつかもしれない。
とにかく、眠くなるような話を延々と続ける人は減りつつある。このこと自体は素直にいいことだと思う。

|

« これは…凶悪な仕様変更では? | トップページ | 今年は潤んでるのか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16751/17125336

この記事へのトラックバック一覧です: 12年一昔?:

« これは…凶悪な仕様変更では? | トップページ | 今年は潤んでるのか »