« 絶対移動中の新刊、表紙が出ました | トップページ | さる人、ねぇ… »

2007.11.05

やっぱり辞める意味が見えにくい

週末、4日の日曜日にいきなり発表、大騒ぎになった小沢民主党代表の辞意。
民主党幹部は慰留の方向でまだ動いている。事前の党首会談についても、辞意会見で述べた小沢代表の言い分と、福田首相の言い分とは異なっている。
小沢氏は、かねてからやろうとしていたことを、実行する機会がやってきたと思ってるのか、と憶測したくなってくる。

小選挙区制は当時自民党幹部だった小沢が力を入れた制度であり、かねてから二大政党にして、政権をとったりとられたりするのが健全で望ましいと発言していたこと。実際、自民党を離党して、細川内閣誕生に動いたこと。その後の動きも、連立と解消を行ってきたこと。

今回は民主党で、党首として参議院に臨み、過半数を押さえてからの行動だ。
自民・民主の大連立によって、大きなシャッフルの機会がやってくる。そこで政策を軸に人を分け、今度こそ二大政党体勢に至らしめる。これにテコにして、長らく続く「政権担当は一党」体勢を、政権交替可能な状況に落とし込む。現段階で選挙による二大政党は難しいから、これが一番確実。
そんなことを考えているようにも見える…が、今現在、そういうことが可能だと本気で考えているようにも見えないし。
状況を作り出そうとして失敗したのか、単に一党員として選挙に邁進することを考えていたのか。どっちにしろ、なんだかなぁ。

小泉氏の場合は、びっくりするほど高い支持率を背景に、本人が前に出て政局を作り出したけど(その是非を今は問うまい)。
小沢氏はそもそも、そういうことをする気があるかどうかも、よくわからん(たぶんないだろう)。
今後の動きを見ないとなんともいえんが、小沢氏の動き方は民主党とあまり相性がよくないのだ、なんて当たり前の結果で終わったら、それこそ泣けてくるぞ。そんなことはわかった上で、票を投じた人だって多いはずだし。

|

« 絶対移動中の新刊、表紙が出ました | トップページ | さる人、ねぇ… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16751/16990882

この記事へのトラックバック一覧です: やっぱり辞める意味が見えにくい:

« 絶対移動中の新刊、表紙が出ました | トップページ | さる人、ねぇ… »