« やっぱり辞める意味が見えにくい | トップページ | Javaの直面する曲がり角 »

2007.11.10

さる人、ねぇ…

民主党党首小沢氏の辞任騒動は結局のところ、元の鞘に収まることで決着を見た。
小沢氏と意見が合わないにも関わらず、党首を交替させるわけにもいかない状況であるのは、民主党にとっても小沢氏にとっても、まぁ情けない結果ではある。
むしろ話題になっているのは「さる人」が福田首相と小沢民主党党首との間を取り持って会談が実現したこと、その際に連立の話題も上がっていたらしいこと、さる人は読売新聞社の渡邉恒雄氏ということ、中曽根氏、森氏らも動いていたこと、など。

辞任会見をやったから小沢氏のことが話題に上りがちだが。
男を下げたのは小沢氏だけでなく、福田氏も同様なのではないかな。
連立を許した場合、国会運営の主導権に首相周辺以外の強力なファクターが加わり、求心力は必要以上に低下する。もちろんそうなったとしても、結果的に法案がサクサク通れば、福田首相の点数にはなるわけだが、連立したからといって、そうなる保証もないだろう…いや、民主党だ、あり得るか(苦笑)。

***

政治家の中でも党首や首相・総理は、「俺のやりたいことこそがこの国のやりたいことである!」と思い込める側面がなければ、務まらないところがあるのかもしれん。
調整型の政治家が増え、細かい政策についての技術は向上していると思うが、こういう原初の欲望みたいなものに忠実で、それをクレイジーに持続できる人でなければ、政権を長く持たせることは出来ない、いやそこまでする気になれないようにも思う。

故田中角栄氏の人気はここにあり、自らに忠実でありすぎた故に失脚も速かった。中曽根氏は柔軟に対処し、また故後藤田正晴氏のような人を得て、田中氏の失敗を回避した(その後藤田氏は、田中氏が政界に引っ張り込んだわけだが)。
小泉元首相の異常なまでの支持率の高さも同様、それと同じ軸に立つように見えたから安倍前首相も当初は支持率が高かったんだろう。(私個人は、この二人に共感するところはあまりないが。)

経済はそこそこで推移しつつ政治が低調といわれるのも、かつてなら首相を目指してもおかしくない人々が、企業のトップや地方自治体の知事として、長く自らの腕をふるうことを喜ぶ世の中だからなのかもしれない。
経団連が政策おねだり集団に近づいたのも、それに新聞社のトップが政策協議に関して伝言役でなく、積極的な口出ししたのも、そんな世の中だからなのかもね。
(それはそれとして、新聞社のトップとしての言動から逸脱しているかどうかは問われるべきだろう。実は新聞再販制度を維持したいのが本音じゃないのか、などと邪推されないためにもね。)

欲望を持つこと自体は悪ではない。それはヒトを含む哺乳動物の性(さが)だ。
ただし、それが天地神明に誓えるものかどうか、単に自分や身内への言い訳に陥っていないかを問い直し、自身で正し続けることが、人間としての分かれ目のはず。
そうして、人間として言葉でどうやっていきたいかを表し、言葉と言葉を噛み合わせて、力の限りを尽くす、それが議会政治を行う時の姿であるはず。猿山のお猿さんじゃないんだからさ。
意外に民は覚めた目で見ていると思ったほうがいいのだ。

|

« やっぱり辞める意味が見えにくい | トップページ | Javaの直面する曲がり角 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16751/17032490

この記事へのトラックバック一覧です: さる人、ねぇ…:

« やっぱり辞める意味が見えにくい | トップページ | Javaの直面する曲がり角 »