« エルゴソフト、egwordおよびegbridgeの事業を終了 | トップページ | 絶対移動中 第四号 感想 »

2008.02.07

横浜中華街の春節

Shunsetsu080207_1
2月7日は旧正月。
中国大陸では記録的な大雪でたいへんだと聞く。
日本でももちろん旧正月を祝う方々がいる。
横浜中華街では深夜のカウントダウンに続いて、旧元旦に獅子舞(獅子舞そのものを披露するのが目的ではなく、正月行事として行われる)。
家、というより、店を廻って新春を寿ぐ。眠たい写真で申し訳ないが、こんな感じ。
日本の獅子舞と違って、まずは爆竹。太鼓やシンバルがドンドコ鳴る中、派手な色の獅子が踊っては、軒先のお祝儀を食べる。すると、また爆竹。
太鼓だけでも胸や腹に響く中、大量の爆竹が通りを制圧するように鳴り響く。
たくさん店があるので、複数箇所で同時進行。これが16時から20時まで。
どこかで必ず爆竹が響いてくる。
えらい騒ぎだけど、バリバリ鳴り響く中にいると、とりあえずいらんもんが落ちてくようで、なんかうれしい。

Shunsetsu080207_2
Shunsetsu080207_3
通りは意外に静か。
平日という以上に、元旦は家族で集まるのだから、休むところもあるだろう。
特に中規模で家族経営だと、休みが多いようだ。
一方で、大型店や土産物屋の店頭には「当店の餃子、焼売、肉まんなどはすべて日本でつくられておりますので、安心してお召し上がりください」。
なるほど、ちょっとせちがらい正月になったのか。


ところで、天津甘栗でも買おうと、ある売り場で立ち止まった。めずらしくおにいちゃんがやってる。
 店「正月で半額よ!」

差し出された栗を試食。まずまずだな。袋の大きさは3種類ある。
 店「どれにする、2,100円、1,575円」
 私「この、1,050円のはないわけ?」
 店「おにいさん、今この1,575円のを買うと、もれなくついてくるよ」
と言いながら、1,050円の袋に入った栗を、丸ごと1,575円のほうに突っ込んだ。

おい、半額って、値段が半額なんじゃなくて、中身が増量なのかよ!
 私「いや、そんなにはいらないよ」
 店「おにいさん、一週間はもつよ」

さらに、手でひとつかみした分まで、盛り込んだ。
在庫が残るよりマシってか…

攻撃は最大の防御なりの中国商法、見せていただきました。
気迫に押されて、そこで買いました。

紙袋を、さらに買い物用手提げに入れてくれたのだが、それにしてもすごい量。
持って歩くうちに、紙袋から溢れて、中でガサガサいってる。
これもまた正月らしい、のか?

|

« エルゴソフト、egwordおよびegbridgeの事業を終了 | トップページ | 絶対移動中 第四号 感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16751/40041214

この記事へのトラックバック一覧です: 横浜中華街の春節:

« エルゴソフト、egwordおよびegbridgeの事業を終了 | トップページ | 絶対移動中 第四号 感想 »