« 小川洋子の前に、水村美苗 | トップページ | iPhoneとBlackBerry »

2008.08.19

ちゃんびぃ

ご存知だろうか、chumby
今年の初めあたりから徐々に話題になり、日本でも発売が決まっている。
ニュースサイトでも取り上げられるようになってきた。
(たとえば、アスキーの記事、ITmediaの記事(1)記事(2)。)

合成皮革に覆われたかわいらしい外見、愛嬌あるマスコット、ポーチ付属、手のひらサイズ。
でも中身は、タッチパネル液晶と無線LANを内蔵し、Linuxベースの多機能デバイス。
USBポートも持ち、たとえばiPodを接続すれば、音楽を再生できたりする。
(小さいので持ち歩くこともできるけど、無線LANの電波が届かなければ、ただの箱である。)

また、ウィジェットを導入すると、ニュース配信、写真閲覧、動画閲覧、ゲーム、占いなど、様々な機能を追加できる(ウィジェットはFlash Lite 3.0上で動作している)。
さらに、ハードウェア設計やソフトウェアを、開発者向けにすべて公開している。自由に開発してもらって、新しいエコシステムを作ろう、というわけだ。懐かしいApple IIやIBM-PCを思い起こさせる。

雰囲気としては、ベッドサイドの目覚まし時計、それで朝起きると天気予報とニュースをざっと見ることができる、という印象か。
実際、起きたら天気や気温の流れ、降水確率などを確認して、服とメイクを決める女性は少なくないと思うし、そういう目的には悪くないのかもしれない(すでに無線LANを導入している場合には)。
または、デスクのお供として、PCでブラウザをわざわざ立ち上げるまでもないような小ネタを扱う、なんてことにもいいかも。

一方、日本ではすでに、携帯電話が浸透している分野だ。
自宅やオフィスで無線LANを使うならパケット通信量は発生しないが、そちらはiPod touchやiPhoneがすでに訴えかけている。
むしろ一番かぶる商品は、ソニーのmyloだろう。
かわいらしさ、ちょっとした楽しさを提供するという意味でも、とてもよく似ている。そしてmyloは2世代目に入り、それなりに評価されつつも、普及には今一歩及んでいない。
さて、chumbyはどうだろうか。

|

« 小川洋子の前に、水村美苗 | トップページ | iPhoneとBlackBerry »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16751/42217912

この記事へのトラックバック一覧です: ちゃんびぃ:

« 小川洋子の前に、水村美苗 | トップページ | iPhoneとBlackBerry »