« 渋谷もいよいよか | トップページ | CEATEC Japan 2008 雑記 »

2008.10.05

大声の「ありがとう」

9月最後の一週間ほど、ちょっとクサクサするというか、苦いというか、要するにあんまり気分よくない日がしばしばあった。(CEATECを見に行かねばならないし、片づけなければならないこともいろいろあったし。)
そんな9月末、急いで新宿の地下を突っ切って行こうとするも、団子状に固まった人たちが流れをせき止めている。
あ〜ぁ、と思い、こんなことで怒りに巻き込まれてはもったいない、と思った時。

「おぉぉい!」

かわいらしい声が響いた。目が勝手に声の主を探した。
ベビーカーに乗せられた子が、地下街に出てきたところだった。目がくりんとしたかわいい男の子、3歳くらいか。母親がたしなめる暇もなく、声を発したのだろう、何か子供に言って聞かせている。
が、おかまいなしに、行き交う人たちへ、満面の笑みで両手を振っている。

思わず手を振り返した。
微笑んだ瞬間、自分の頬がすごく強張っていることに気付いた。
ふと気付くと、誰も彼を見ていない。
改めて微笑み直して、手を振った途端。

「ありがとう〜ね〜!」

再び大きな声。
なんてことだ。あんな小さい子供にお礼を言われるなんて!
単に人の反応がおもしろくてやっただけなのかもしれない。だけど、憮然とした顔で地下を歩いていた自分は、顔を強張らせないでね、もっと微笑んでね、と教えられたようなものだ。

手を振り、「ありがとう」と言いながら、こちらも歩き出した。母親がこちらに一礼してから帽子をかぶせた。人さし指を立てて話しかけている。子供を諭しているのだろう、もちろん母は穏やかな顔で、子供も微笑んだまま。

改めて、ありがとう。君のおかげでとても大事なことを思い出せた。

|

« 渋谷もいよいよか | トップページ | CEATEC Japan 2008 雑記 »

コメント

いいはなしだなー

投稿: | 2008.10.20 01:51

どなたかは存じませぬが、心に響いたのならなによりです。

投稿: Studio KenKen | 2008.10.20 12:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16751/42699101

この記事へのトラックバック一覧です: 大声の「ありがとう」:

« 渋谷もいよいよか | トップページ | CEATEC Japan 2008 雑記 »