« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008.11.29

先月(2008年12月号)のアフタヌーンで

すでに次の号が出てしまっているのだが、これは触れておかねば。
2008年12月号(2008/10/25発売)の月刊アフタヌーンに、懐かしい作者が帰ってきた。
どれくらい懐かしいかといえば、10年以上前の連載の作者!

「酒場ミモザ」という作品が連載されていた。
作者はとだともこ(当時)。
京都の繁華街に存在した小さなバーのマスターをモデルに、様々な人間模様を描いた連載は、主人公の画学生が個展を開くところで完結した。(すてきな終わり方だった。)

私が主な京都名所を一人で巡り終えて、町中に関心を移した頃に始まった連載でもあった。京都ホテル建て替えが話題になったし、阪神大震災、オウム真理教事件などもあった頃のこと。
酒を嗜めないから店には行かなかったが、この連載に触発されてふらふら歩いたこともあったし、今でも単行本はきちんと保存している。
(現在、単行本も手に入らず、文庫化されてもいない。)

しばらく連載がなかったが、ほうさいともこ名義で帰ってきた。
「もりもり」という読み切り。
やはり京都が舞台、今度は居酒屋のお話。

こういう人情ものって、ビッグコミック系だとベタベタのお話になりやすいが、この方はもう少し淡く、それゆえに訴えるものがある。こんなものも載せるのは、やはりなんでもありのアフタヌーンならでは。(いまならイブニングなどもあるけどね。)
今回は読み切りのせいか、かなりわかりやすいまとめ方にしたのかな。でも、ペースをあげればもっと幅が出る話だと思う。
もったいないからぜひ連載にしてほしい、これは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

暖かい夕暮れ

Sky081129_2

数日寒かったし、朝は冬のにおいがしたけれど、よく晴れて気温はぐんぐん上昇。
日が沈んでも暖かかった。

ビルの上に見えるのは、金星と木星。
夕焼けが引いて、群青色に支配される直前の輝き。
(急いでいたので、携帯電話のカメラの設定は初期値のままで撮影したけど、もっとちゃんと撮ればよかったな。美しかったです。)

空がきれいな日は、人々も笑顔が多い。
繁華街はにぎわい、クリスマスのイルミネーションに携帯電話やデジカメを掲げる人がたくさん。

いい夕暮れは、いい一日の終わり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.11.25

出ずっぱり(ET 2008、堀田善衛展、銀座、秋葉原)とメンテ(Mac)

たまには日記風に書いてみる。
20日から連休中は、毎日どこかに行く用事。
ことに、21日と22日は連続して横浜。そして、25日はインストール大会。

***

続きを読む "出ずっぱり(ET 2008、堀田善衛展、銀座、秋葉原)とメンテ(Mac)"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008.11.17

満月と二の酉だけピンポイントに晴れ

満ちる直前の月の光は格別。
先の満月は13日。
ただし、15時17分だったので、満ちていく月を見ることが出来たのは12日。

その12日はあいにくの雨、夜は曇り。
それでも雲を透かしてほんのり見えるのは、さすがに満ちる直前の光というところか。

それを取り戻すように、13日は快晴。夕刻の5時を過ぎると、満々とした銀の円が浮かんだ。満月から2時間ほどしか経っていない月は、まだまだ光を滴らせている。
それからもう少しすると、西には木星と金星がうるうると沈んでゆく。
これが14日には再び曇って見えなくなったから、ピンポイントで晴れたことになる。

その後は降ったり止んだりを繰り返して、今日やっと晴れた。と思えば、午後にはしぼむように曇り。
思ったほど寒くない。ちょうど二の酉だったので、勢いで行ってきた。
三の酉まである年のせいか、二の酉はとんでもない混雑にならず、いくらかラクだった(いやもちろん混んではいますけど)。
夕方は雨が降りそうな空だったが、降らずに済んだ。やっぱりありがたい。
それにしても、もう年の瀬ということか(あたりまえだ)。

夜も更けると雲が切れ、月が出た。もうだいぶ欠けていた。やっぱり月の動きは速いんだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.11.13

Googleと古代ローマ

Internet Watchに、Google Mapで古代ローマを経験できるレイヤーを追加した、という記事が出ていた(11/13)。

納得できる記事だ。
かねてから、Googleは検索エンジンではなく、バカでかいコンピューティング環境を作ったことが重要であり、その中心思想はどう考えても古代ローマにある、と感じていたから(そして、その元老院の一つがGoogleである、と)。
まぁこれが事実かどうかは別にしても、おもしろいツアーではある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.11.12

ABCは継続

ほとぼりが冷めた頃になってから触れることになるが。
青山ブックセンターの経営母体がブックオフになった。
(たとえば新文化の記事、11/4)。

続きを読む "ABCは継続"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.11.09

雨の中、文学をたどって歩く

いきなり冬の気温になった。しかも曇り時々雨。
そんな中、第7回文学フリマに知人が出店しているので、行ってみる。
ほんとは秋葉原に見に行くものがあって、そのついでというのはナイショ(書いてるじゃん)。

第1〜2回が(倒産前の)青山ブックセンター本店カルチャーサロン。
第3回から今回までが、東京都中小企業振興公社 秋葉原庁舎 第1・第2展示室。
次回(来年5月)は、蒲田の大田区産業プラザPiOになる、とのこと。
つまり、最後の秋葉原の文学フリマ。

例によって午後2時半をまわってから到着。
いつもならまだ受け取れるはずのサークルガイドが、配布終了していた。
1階で、知人のブースの冊子を購入。
2階は「東浩紀のゼロアカ道場・第四回関門」と、知り合い同士のたまり場状態で、すごいことになっていた。
圧力の高い催し物が、このイベント全体としてプラスに働いているかは微妙かもしれない(しかし悪いとも思わない、後述)。

大塚英志氏の純文学不良債権論、笙野頼子氏の反論、それに対する大塚氏の「文学もコミックマーケットのような場を持てばいい」に端を発した文学フリマ。
第1回を企画したのは大塚氏だが、第2回からはその手を離れ、文章系マーケットとしては大きなイベントに発展した。
ただ、笙野氏の「文学にそんな心配(不良債権としてどうするか)はしていただなくて結構!」は(予想通り)正しかったのだな、という思いがある一方。
こういう場はむしろ、論壇的な場として向いているのかもしれない、とも思った。

実際、書評やサブカル評論は目立つ。
これは「アキバ」という場だったからではないだろう。みんなが読んでいるものが、ミステリーやラノベ、マンガやアニメ(それは視聴だ)になっている世の中だ。創作冊子より、評論やインタビューなどのほうがぱっと見て、内容をイメージしやすいだろうし、手にする人も多い。

ゼロアカ道場はうるさかったけど、そういう背景を考えれば、文章系のマーケットにおけるイベントとしては、むしろまっとうなのかもしれない。(地味に冊子を売りたい人は、迷惑してたみたいだけど。)
蒲田に移れば箱は大きくなり、こういうイベントは仕掛けやすくなるかもしれないとも思うから、前哨戦としてはいいのかも。

***

アキバで目的を果たしてから、雨のそぼ降る中、神保町へ移動。
東京堂書店に来ると、なんだかほっとする。
買い損ねていた水村美苗氏の評論「日本語が亡びる時 英語の世紀の中で」(筑摩書房)を、やっと購入。

今年8月、雑誌「新潮」9月号に掲載されたのは、前半の3章(既に触れた)。
その翌月から、翻訳家の鴻巣友季子氏は、文學界で連載中のエッセイ「カーヴの隅の本棚」にて3ヶ月連続で触れた(第31〜33回)。特に今月の第33回では、全文を読んだ上で「来月、水村氏にインタビューをする」と締めくくっている。

まだ最初の方を読み直している段階だが、これは読書する人間にとって、必読となる予感。
読み終えてから改めて触れたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.11.06

クリアな空、米国の新大統領

4日の夕刻、ふと空を見上げると、月が木星を追い越していったところ。
西の消えゆく紅の上には、暖かい光の金星。

数日前は月と金星の合だった。
月ってやっぱり速く動くんだなぁ。
というより、秋らしいクリアな空だな。
こういうものをふと見た時、なんだか得した気分になる。

翌日、今日は少し潤んでいるかな、と思っていると。
米国大統領選挙では下馬評通り、オバマが次期大統領に選出された。
ブッシュ vs. ゴアの時より、くっきり出た結果。
勝利宣言の演説は、困難に立ち向かうためにこそ、希望を持って参加しよう、と伝えるものだった。

ボランティア活動、インターネットを通じた個人の小口献金、特定のレッテルを避けつつ自らの立場を静かに語る姿などを総合してみると、インターネットを生んだアメリカ合衆国が、最初に選択したインターネット世代の政治家に見えてくる。
米国は選挙でもインターネットを活用しているという話題がよく出てきたが、ツールとしての活用ではなく、インターネットの精神(分散型ネットワークによる危機分散、オープンかつ多様なソフトウェアの共存)を具現化した姿は、これまで見られなかった。オバマはおそらく大国で最初の、インターネット世代的政治家ではないか。
(インターネット世代というと、インターネットを高校生〜大学生で経験した1970年代生まれに焦点が当たるが、1950年代後半〜1960年代生まれがその普及に当たり、後続の世代に可能性を開示した。)

これが最良の選択かどうかは別にしても、もっとも影響力のある国が、変化を選択した。
期待が集まった分、オバマの政策、言説や行動へのハードルは非常に高いものになるが、それでも変化を選んだことが、歴史に残る瞬間であることは間違いない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.11.04

ニケ指揮、ル・コンセール・スピリテュエルの東京公演(3)

前回の続き]

私がこの演奏会で少し驚いたのは、休憩後に演奏された合奏協奏曲への聴衆の反応が、他の曲に比べると少し薄かったこと。
この曲への反応は意外なくらい薄く、むしろ次の「水上の音楽」第3組曲で大きな拍手がやってきた。
おそらく、なじんだ曲であること、しかも見事な打楽器やリコーダーに、安心しながらも新鮮味があって、見事に感じられたからだろう。

しかし、この夜の白眉は、金管や太鼓が派手な曲よりも、この合奏協奏曲だったように思う。
大量のオーボエ(およびリコーダー)と弦楽合奏は、大所帯ゆえの鈍さなど皆無。指揮に皆が吸い寄せられて、まるで同じ情緒を味わっていると思えるほど、親密かつ高速な反応を繰り返していた。
そこからは、ヘンデルらしい、一見すると単純なのに、とてもつややかで恰幅のいい響き、しかも少し短調に寄った途端に出てくる、胸がスッとするようなはかなさが、存分に流れていた。
もののあはれとはこのことだ、というほどに。

音楽を聴き、そのあまりの見事さに、喜びとはかなさが同時に感じられてしまう。
それはどういうことなのだろう。

***

続きを読む "ニケ指揮、ル・コンセール・スピリテュエルの東京公演(3)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.11.02

すべて世は事もなし

今年は10月に入っても湿度が高く、晴れてもなんとなくぼやけた日が多かった。
11月1日、雲一つない。風は心地よく、空も透明。
こういう日こそ、夕焼け。
見晴らしのいいところに出ると、残照の黄金の中、月と金星が合していた。
そこから少し南にゆったりと木星が浮かぶ。

ダイアナとヴィーナス、そしてジュピター。
街は意外にも静か。

神、空にしろしめす
すべて世は事もなし
God's in his Heaven -
All's right with the world!

この部分だけなぜか覚えている、R.Browning。
まったくその通りだな(星の神々は、詩のGodとはまた違うけどさ)。

翌2日は雲が増え、夕暮れの星は見えず。
前日の晴れはすてきな祝福だった。

(ニケについての第3部は、現在まとめている最中。もう少々お待ちを。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »