« ニケ指揮、ル・コンセール・スピリテュエルの東京公演(2) | トップページ | ニケ指揮、ル・コンセール・スピリテュエルの東京公演(3) »

2008.11.02

すべて世は事もなし

今年は10月に入っても湿度が高く、晴れてもなんとなくぼやけた日が多かった。
11月1日、雲一つない。風は心地よく、空も透明。
こういう日こそ、夕焼け。
見晴らしのいいところに出ると、残照の黄金の中、月と金星が合していた。
そこから少し南にゆったりと木星が浮かぶ。

ダイアナとヴィーナス、そしてジュピター。
街は意外にも静か。

神、空にしろしめす
すべて世は事もなし
God's in his Heaven -
All's right with the world!

この部分だけなぜか覚えている、R.Browning。
まったくその通りだな(星の神々は、詩のGodとはまた違うけどさ)。

翌2日は雲が増え、夕暮れの星は見えず。
前日の晴れはすてきな祝福だった。

(ニケについての第3部は、現在まとめている最中。もう少々お待ちを。)

|

« ニケ指揮、ル・コンセール・スピリテュエルの東京公演(2) | トップページ | ニケ指揮、ル・コンセール・スピリテュエルの東京公演(3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16751/42990801

この記事へのトラックバック一覧です: すべて世は事もなし:

« ニケ指揮、ル・コンセール・スピリテュエルの東京公演(2) | トップページ | ニケ指揮、ル・コンセール・スピリテュエルの東京公演(3) »