« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009.02.16

室内楽こそ

少し前の話題だが、お茶の水にあるカザルスホールが2010年3月をもって閉館される。

バブル期を迎え、演奏会に足を運ぶ層が増えていく中、サントリーホールなど優れた音響空間を持つ大ホールが、再開発の一環として建設されていた。
お茶の水という落ち着いた街には、主婦の友社が建設したお茶の水スクェアの目玉施設として、室内楽専用のホールが生まれた。チェロの神様、パブロ・カザルスの名を冠して、カザルスホールと命名された。
ホールとして独自の企画を立てて運営し、そのためにも定期活動する弦楽四重奏団と契約するなど、今のクラシック音楽運営の走りとなる事業形態をとってきた。実際、とても面白い演奏会が多かった。日本で最初のフランス・ブリュッヘン/18世紀オーケストラの公演はここだったし、古楽普及期の1980年代後半から1990年代前半の演奏会はここを使うことが少なくなかった。ヴィオラを中心にした演奏会も独自の企画だったし、カザルス後のチェロの王様、ロストロポーヴィチも演奏した。十周年にパイプオルガンも設置した。
その後、主婦の友社はこの地を去ることが決まり、ホールの去就は話題となった。日本大学がお茶の水スクェアごと取得、名前を「日本大学カザルスホール」と改めたが、室内楽専用ホールとしての活動は継続してきた。

大編成のオーケストラとはまったく違った魅力が、室内楽にはある。
迫力や音響スペクタクルではなく、静かにたたずむ朝や夕べ、ふと感じるすてきな何か。
大人数のの統制がないからこそ溢れてくる、一人一人の息吹。
親密で、ゆったり話しながらも、突然人生の深淵に触れるような瞬間。
そんなものがあるからこそ、ハイドンやベートーヴェンの弦楽四重奏曲だけでなく、モーツァルトやブラームス、あるいはメシアンやプーランクのように管楽器を含む様々な編成の曲だって、多くの人々に愛されている。
室内楽こそ音楽の本質を秘めている。

しかし、ここを維持できないほど、日本では室内楽編成の客層は定着しにくい、ということなのだろうか。また、お茶の水から神田の書店街にかけて、かつてほどのにぎわいを見せていないこともあるのだろうか。
今は室内楽専用ホールが他にもある。特に王子ホール、トッパンホール。
だから、カザルスホールがなくなっても、室内楽専用ホールがなくなるわけではない。
ただ、こうした運営形態を始めたホールがなくなるということが、最大の衝撃だ。一度は閉鎖されかかったホールをあえて買い、運営してきた日大なのだから、他に選択肢がないと判断してのことなのだろう、そのことを一方的に非難することもできない。

それでも、指揮者の大野和士が、NHK「プロフェッショナル」で話していたことを思い出す。
過酷な状況の中でも、演奏会に人々は集まってくるのだ、人間は音楽を必要とするのだ、と。
言葉と音楽は、人間の生み出した最大の産物だと思う私も、同感だ。
だからきっと、新しい試みを始める人々が現れるのではないかとも思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.02.12

花泥棒さんから

花泥棒というカフェがあります。
いまならむしろ喫茶店というほうがいいのかな。オールドビーンズをネルドリップでいれたコーヒーは、香り豊かで滑らかな舌触りとのど越し。ケーキもクラシカルでおいしいです。

以前、渋谷店がなくなり、原宿と下北沢が残っていると書きましたが。
新しいブログを立ち上げました、というコメントをご丁寧にいただきました。
せっかくなので、左のWeblogsリンク集に追加しておきます。

あぁ、思い出しただけでよだれが。。。
なかなか近くを通れないのだけど、機会を見つけてまた行きたいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

立春頃の、のんきライフ

Cat0902

のんきな猫のこと。
前回触れたのは8月だった。
秋頃から頻繁には見かけなくなったのだが、それでもしっかり生きている。
立春の頃、日を浴びて暖をとっていた。
相変わらず人からも犬からも車からも逃げない。そんで、道ばたが大好き。
近づいて撮ったら、鼻がスピー、スピーと鳴っていた。
風邪か、花粉症か(花粉症なら仲間だな)。
元気ならいいんだ。またね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.02.05

こんな夢を見た

立春が来た。そうして、空気は薄ぼんやりと白っぽく潤んできた。
かえるがいっぱい出てきて、びっくりした。
ということは、もうじき花粉の季節か。

***

電脳コイルというアニメについて触れた
いい作品だとは思うが、もうちょっと話数をとって、直接台詞にせずに伝えることが出来なかったか、とは思う。もしかして、そうすると今の子は飽きてみなくなってしまうのかね。そのあたり、どうなんだろう。

それはともかく、主人公のヤサコが幼い頃に迷いこんだ電脳空間で、田園風景のお地蔵さんの祠から出てきた黒いイリーガルと連れ立って歩き、そこから先の記憶がなく、現実世界に戻ってきたことだけが事実としてある。イリーガルは通常、あまりよくない存在ととらえられているが、この記憶にはその禍々しさがほとんど感じられない。これが、謎解きの最後の鍵につながっていた。
そういえば、私も夢で道に迷った時、お地蔵さんの祠とわかるところで、道を教えられたり、そっちへ行っちゃダメだよ、と止められたことがある(たいていは人間の姿をとっていて、職業もいろいろなのだが、決まってお地蔵さんの祠で、自分も「あ、お地蔵様だ」と思っている)。
もちろんお礼を述べる。危ないからと、分かれ道までついてきてくれることもあった。

つまり、このお地蔵さんの祠って、ある種の共通イメージなのだろう。迷っている人にヒントを差し出す、あるいは守る、という形の。

そういえば、こんな夢をみたことがある。

道に迷ったというわけではないのだが、親しみがわきつつも厳かさを兼ね備えた暖かい存在(そうとしか呼びようがない)が、ちょっとしたことをいくつか教えてくれた。
忘れてしまったこともあるのだが、その中で、妙に印象に残ったこと。

続きを読む "こんな夢を見た"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都の八百卯、閉店

梶井基次郎の小説「檸檬」では、京都の寺町二乗の果物店で檸檬を買い、それを爆弾に見立てて書店の丸善に置いてくる。
その丸善は2005年10月10日、閉店した。

そうして2009年1月25日、モデルとなった寺町二条の果物店、八百卯が閉店したそうだ。
(YOMIURI ONLINEの記事は1/27、アサヒ・コムの記事は1/29。)

寺町三条から二乗に北上していくと、東側の角にある。最近京都に行っていないのだが、よく訪れた頃は何度も前を通った。
あの界隈は、古書店といい、飲食店といい、四条から三条の河原町と違って、とても落ち着いた店が多い。八百卯から横断歩道を渡り、寺町通をさらに北上してみると、その感じのいい佇まいは御所のあたりまでずっと続く。そういえば、二条通も感じのいい店が多い。
八百卯では残念ながら買い物はしなかったが、少し北にある村上開新堂のお菓子を買ったりした(あのあたりでは大学芋も有名だけど)。
しばらく行かないうちに、京都の町並みもだいぶ変わってきたのかもしれない。

いずれにせよ、これまで「檸檬の店」という名を背負ってきた方々に、感謝を捧げるものであります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.02.02

読み始めたのはいいが、並行して

昨年の夏に日本語訳が出たリチャード・パワーズの小説「われらが歌う時」をやっと読み始めた。(英語の原著は2003年に出版されている。)
上下2巻構成、各巻500ページを優に越える大作。
書き出しでダウランドの歌が流れ出すあたりからすでにただものではない。

それはいいのだが、並行してメアリアン「イカとプルースト 読書は脳をどのように変えるのか?」にも手を出した。昨年秋に出版され、入手しにくいと思っていたら、この1月に新しい刷が出ていたもので。
こちらは学術的知見を踏まえた新しい展望の書物。ディスレクシア(読字障害)の研究を通じた知見から、人がいかに文字を獲得したのかに発して、今後のメディアの発展に応じて読書がどう変わっていくかまで、といった広い範囲を扱っている。
こちらも非常におもしろい。

どちらも非常にワクワクさせられる出会いで、どちらも厚い…
まぁとにかく、自分のペースで読んでいこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »