« iPhone、次期OSと文庫本 | トップページ | 地デジ化の次こそがおもしろいかも »

2009.03.30

3月も終わり、家電売り場は大混雑

三寒四温というけれど、3月後半は六寒二温くらいの印象さえあった。
それでも、さすがに弥生、桜並木にちらほら咲けば、やはり美しい。
ソフトフォーカスのピンクの夕暮れに映えれば、なお麗しい。

***

近しい人がTVと録画用レコーダーを買うというので、忙中ちょっと抜けて、つきあってきた。
春休み、新学期と新入社員の季節でもあり、家電売り場は大混雑。

驚くべき製品の量(今はこれでも整理されてきた方だ!)、しかもビデオ録画が可能な機器は消滅しつつあり、ハードディスク録画が主流のフルデジタル時代。
加えて、DVDからブルーレイへの移行期。
相当詳しくなければ、混乱するに決まっている。

残したいHD動画を焼いた際の、ディスクの互換性。および、既存の8ミリフィルムをDVD化したディスクを簡単にコピーできること。それ以外は、録って、見て、いるものだけ残せればいい、複雑はことはしない、という要件で考えて、ソニーのブルーレイレコーダーにたどり着くことになった。

それにしても。
一つデジタル化されれば、ほとんどすべての機種をリプレースする必要が生じ。
意外に時々見返すアナログVHSテープもまだあり。
自分で録って人に配りたいディスクの互換性も考慮しなければならず。
しかも、デジタルデータはどこか壊れてしまえば、ほぼすべてのデータを読み出し出来なくなるリスクがあり、運用方法に工夫が必要になり…

ある程度デジタルデータの扱いに慣れているならともかく、それまでS-VHS程度で特に不服のなかった人たちには、決してうれしくない世界になっている。
デジタル化の促進に関わってきた身としては、いろいろ思うところが出てくる時間だった。

|

« iPhone、次期OSと文庫本 | トップページ | 地デジ化の次こそがおもしろいかも »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16751/44513940

この記事へのトラックバック一覧です: 3月も終わり、家電売り場は大混雑:

« iPhone、次期OSと文庫本 | トップページ | 地デジ化の次こそがおもしろいかも »