« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009.06.24

SunとJavaの感傷

Sun Microsystems(以下Sun)はOracleに買収された。当ブログでも触れた

そのSunには、Javaを生み出したJames Goslingがいる。
彼へのインタビュー記事が、和訳された

なかなか切ない。

しかし、小池良次氏のブログにはこんなエントリーもあった

なかなか感動的だ。

ただ、下手をすると「技術的な詳細を考えることは、たいていユーザの望みを絶ち、裏切る方向にいくから、何をやりたいかだけを考えて、細かいことはエンジニアに『やれったらやれ!死んでもやれ!』と命令すればいい」と言い出しかねない人もいる、現在のITのお仕事の世界では、この感動も共有しにくいのかもしれない。
そうでなくても、Javaの言語仕様を改訂して、よりよい言語と開発環境を提供する方向に踏み出したとき、「言語仕様はもう十分だ、自分たちの所属する業界でAPIが便利になっていけばいいから、あんまり余計なことを考えさせないでほしい」というエンジニアまで出てくるようになった頃には、もう今の状況が見えていたのかもしれない。

Sunはサーバーの販売で儲けて、そのお金を次世代のハードウェアやソフトウェアの開発に充て、サイエンスで未来を創造する会社として、やってきた。この構造は、Appleとも共通する。
このビジネスモデルがうまくいなくなった、ということではあるのだが、しかし、Sunがその間に開発してきた資産は、Appleのように極端な秘密主義をとっていないため、それなりに知られている。そして、Javaなどを見ればわかるように、業界事情などとは別に、本来の論理を通すために参考実装を行ってから、現場レベルへの改訂を行う、という方向性も徹底していた。研究開発かくあるべし、とでもいうべき方向性だ。
万雷の拍手が寄せられたのは、そういうことを知っている人々が集まっていたからだろう。

Sunがあらゆる面ですぐれた企業だとは思わない。でも、コンピューターや通信の世界で、Network is computerを貫き続け、夢を技術で支える企業たろうとしたことが、今の状況を作る原動力の一つであったことは、まぎれもない事実だったのだと改めて思う。
いまさらながら、やはり一つの時代が終わったのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.06.21

新オリエント楽派Liveの感想を今頃

Macがアレしたりして、ちと気分がのらなかったけど(いや更新回数はもともと少なめだけどさ)、戻ってきたし、そろそろ復帰を。

6月3日、平日の夜に、一風変わった音楽を聴いてきた。
新オリエント楽派2009ムジカーザLIVE。

新オリエント楽派の公式な情報は、こちらをどうぞ
作曲家の笠松泰洋氏がギリシャ劇「エレクトラ3部作」(王子ホールの委嘱作品)で集めた方々を中心に結成された、室内楽編成の楽団。というより、バンドと呼ぶほうが、性格をよく表しているかも。だから、コンサートではなく、LIVE。
クラシカルな音楽教養を身につけた方、中近東や中央アジアの古典音楽を身につけた方が集い、地中海から中近東を経て中央アジアにまたがる様々な音楽語法を掌握しながら、響きを紡いでいく。
ちなみに歌姫は、古楽ほか様々な分野のソプラノとして活躍中の広瀬奈緒氏。

続きを読む "新オリエント楽派Liveの感想を今頃"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.06.20

インストール大会でまいった

6/5に修理に送ったMacBookが、6/17に戻ってきた。
2007年前期モデルのCore 2 Duo 2.16GHz。たまに「MacBook Kro」などと呼ばれるやつ。

HDDの故障は、実は2回目である。最初はWebブラウザ使用中、今回はメールソフト使用中。どちらもHDD内のキャッシュやインデックスの処理を始めた(つまりアクセスし始めた)途端、異音を無限ループで立てた。どうしようもないので、電源ボタン長押しで強制遮断したら、起動ディスクを認識せず、起動できなくなりました、というトラブル。
2度とも、HDD交換で無事動作、戻ってきた。
それにしても、長くMacを使ってきて、こういうことは初めてだ。

どちらも製品添付のOS(Tiger 10.4)をインストールしていた。最初のトラブルの後で、Leopard 10.5.4をインストールしている。
今回は、LeopardのパッケージDVDで初期化して、直接Leopardをインストールした。(あと、以前と違って、FujitsuのHDDが搭載されて帰ってきた。なので、あえて違うやり方をとってみた。)

その後、自分で作成したデータ、および絶対に必要なアプリケーションの設定ファイルなどをバックアップからコピー。
さらに、必要なアプリケーションをインストールしていった。(インストールするたびに、起動と簡単な動作確認も。)

一安心してからは、しばらくバックアップをとりにくい環境にいたiPhoneを、Macに接続する。以前の環境に戻すため、調整や、アプリの再ダウンロードが必要になる。
しかも、iPhone OS 3.0の配布が始まっている。仕方ないので、そちらは翌日にまわした。

翌日は、自分がよく使うアプリが3.0で動作することを確認してから、インストールした。今回は2.0の時のような、大きな問題はないようだ。
(ちなみに、Thingsユーザは、最新の1.3.8にすると、Macとの同期時の問題点が解決します。)
ただ、ソフトバンクから新たに付与されたMMSのメールアドレスも設定しなけりゃならん。これはxxx@softbank.ne.jpが付与され、通常のケータイメールと同様の送受信が可能になるもの。(これを待っていた人も、いるかもしれないね。)

いやはや、時間がかかった。Macについては、OS Xの移行アシスタントがいかによくできていて、どんなにこちらの時間を節約してくれるかを、しみじみ実感した。
今回のものがクリーンに動きそうなら、今後はまた移行アシスタントのお世話になりたい気分である。
とにかく、いつもの環境が戻ってきた、よかった。ほっとした。

***

ところで、一つびっくりしたこと。

続きを読む "インストール大会でまいった"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.06.08

先日の梅田氏インタビューについての補足

先週末にMacが入院。
いつもの環境がないと、代替環境はあっても、いろいろメンドー。

それはそれとして、先日の梅田氏のインタビュー記事について、早めに補足。
とはいえ、私のものではない。

Twitterで見つけたもの。
梅田望夫進化論(モジックス Zopeジャンキー日記から、2009/06/08)

これを読み、私もすぐ同じ考えをもったり、まして自分のエントリーを取り下げようと思ったわけではない。
しかし、おそらく梅田氏の考えをこれほどきれいにトレースしているネット上の記事は、他にないと思われる。
梅田氏を叩いている人が多いようにも見受けるが、こういう記事があることも読んでほしい、というよりむしろこういう記事にも目をとおすほうがフェアだ。
とりあえず、これだけは上げておく。

[翌日追加] 他ならぬご本人がブログで書いておられました。念のためにさらに追加しておきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.06.03

梅田氏の「残念」なインタビュー

すてきな音楽を聴いて来たのだけれど、それはまた明日以降に。

ITmediaが梅田望夫氏へのインタビューを掲載した。
  前編後編

しかし、「シリコンバレーから将棋を観る 羽生善治と現代」の出版記念で行われた対談で、将棋については後編の後半くらいしか使っていない、というのも、なかなかすごいインタビューではあるが(苦笑)、それはさておき。
[補足] ちょっと皮肉っぽい口調だけど、別に「だましうちだ」などと思ってるわけではないからね。むしろ、後半の将棋のことも含めて、聞きたいことをよくここまで踏み込むもんだと思ったから、触れたのです。

***

続きを読む "梅田氏の「残念」なインタビュー"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »