« NHK「マネー資本主義」最終回 | トップページ | 動く »

2009.07.20

ThingsはMacとiPhoneの両方がいい

GTDツールとして、Mac/iPhoneユーザに有名なのは、OmniFocus(以下OF)とThingsだろう。

私はThingsを使っていて、現在Mac版は1.1.3、iPhone版は1.3.10。一時期動作や同期が重くなったが、この5月以降は再び実用的な動作に戻っている

ところで、OFとThingsの最大の違いは、OFがiPhone版単体でもほぼすべての機能を使えるのに対して、ThingsはMac版をメインに据えて、iPhone版はそのデータを持ち出すことに特化していること。

たとえば、定期的な繰り返しタスクの新規作成は、iPhone版では行わない(もちろんMacから同期して持ち出した繰り返しタスクは、iPhoneでも扱える)。
おそらく設計思想として、Mac版をデスクダイアリーのように使い、iPhone版はそのリフィルを持ち出して、タスクのチェック、追加・変更・削除、メモの更新などを行えればいい、という判断なのだろう。また、面倒なタスクはMacの余裕ある処理能力で扱う、ということでもある。
逆に言えば、一日一度はMacとiPhoneの同期を行うべき。

iPhoneのような限られたサイズの画面しか持たないデバイスでは、この制約によるシンプルさはむしろ実用的だ。一方、Macを修理中には不便だった、というのもまた事実。
とはいえ、シンプルなUIと使い心地を目指す、Thingsらしい仕様だ。
シンプルだからこそ、継続していけるし、やる気も出てくる、と感じている。

|

« NHK「マネー資本主義」最終回 | トップページ | 動く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16751/45692114

この記事へのトラックバック一覧です: ThingsはMacとiPhoneの両方がいい:

« NHK「マネー資本主義」最終回 | トップページ | 動く »