« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009.08.29

引越は終わってからが

引越までの荷の詰め込みも大変だが、転居先での展開と復帰の方がもっとタイヘン…
引越屋が「普通じゃないです」と断言するくらいの本とCDなどの段ボールが、まだ全部展開しきっていない。
以前より広いのだが、新しい生活空間やパターンも構築しなきゃならんしね。

それにしても、ネット環境が復帰して、よかった。以前よりだいぶ早くなったし、ハブもそれに応じて新しくした。快適。動画のダウンロードがずっと速くなった。
でもまだ、片付け作業が大きな比重を占めていて、そんなに遊べない…

ちなみに、iPhoneを電話として多用したのは、買ってから初めてかも。
でも、すごく普通に電話として使えた。思ったよりずっと便利じゃんか、iPhone(当たり前だ)。

***

私の親くらいの世代だと、TVが復帰してほっとするみたいだが。
私はネット環境が復帰すると、すごくほっとする。
それだけに、ネットに向き合う時間が激減すると、ストレスにもなる(たとえiPhoneが手元にあっても、そんなにいじってる時間がない、ということ)。
これって、ヒトとしてどうよ、とは思うがね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.08.20

河原町はどうなってるのか

引越準備の合間を縫って、日曜日は音楽パーティ。引越以前に企画していたし、休む気はなし。
ヘンデルのリコーダーソナタ(変ロ長調)、一応は吹けた。技術的には中級の入り口くらいだしね。
んが、練習量が少なすぎて、タンギングと呼吸の制御がぴっちりあわなかったので、音色がやや雑(リコーダーのような、吹けば鳴る楽器の場合、タンギングと呼吸が音色のかなりの部分を決める、人によって異なる音が出るものです)。
ここがしっかりしないと、表現の足腰が強くない…
笙はタンギングを基本的にしないので、そちらをやっていると、衰えてくる。もうちょっとやらないと。

そして、月曜日。思い立って、京都に行ってきた。ただし、時間がないので、日帰り。
少し前から、京都の神社でいただいた古いお札が気になっていた。近くの神社の納札所でもよかったのかもしれないが、気になってしまった以上、いただいた神社でお返ししたくなった。ついでに、しばらく見ていない街並みだけでも見てこよう、と。

***

続きを読む "河原町はどうなってるのか"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009.08.14

読めねぇ

なにがって、引越準備の作業時間。
このあたりは本が並んでるはずだから、さっさと箱詰めして、いらない本を縛れば終わる、と思ってると、思わぬ論文のコピーなどが発掘される。
そういや、あとで読もうと思ってて、放置したんだっけと、めくりながら思い出す。(いや、論文などは結局別の機会に読んでいたりするんだがな。)
モズのはやにえみたいつーか、ハムスターの餌隠しみたいつーか。
で、そういうコピーや書類の仕分けなどが始まって、思わぬ長い割込処理となる、それが複数回起きると、もう予定はあってないようなものに…
それでも進めてはいる。やっと本棚が、あとは詰めればいい状態、になった。
もっとも、まだ終わるわけじゃないんだがな。むー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.08.09

時折見かける子

Cat090809_1


Cat090809_2

某日。出かけようとして、最寄り駅までいつもの道を行くと、坂に子猫が二匹。
今年生まれ、先月までは親について学習中だったのに、最近は子どもだけで固まっている。親とは違うテリトリーにいるし、たぶんもう独立したのだろう。
まだこんなに小さいのに、と思うが、人が近寄れば警戒して距離をとる/去る。あまり近寄らずに「ちょっと撮らせてね」と声をかけて、パチリ。

***

緊張したのか、白黒のブチが、黒のほうまで歩いてきた。

Cat090809_3

おいおい、またそんな道の真ん中寄りで寛ぐのかよ…

Cat090809_4

このあと、車がゆっくり走ってきて、道の端っこに寄せられていました。
運転手が気がつく人でよかった…

黒、白黒ブチ、茶虎など、数匹いたはずだが、たまに見かけるのは二匹になっていた。
それにしても、このくらいの子猫って、ちょっと見かけずにいると、次に会ったとき「おや、ちょっと大きくなったね」と思うものだが、この子らはなかなか大きくならない。
栄養事情がよくないのか、育ちにくい体質なのか。
いずれにせよ、がんばってノラをまっとうしてほしい。

引っ越す、というのは、この子らとしょっちゅう会えるのももうじき終わり、ということなんだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.08.02

動く

いつのまにか8月である。祇園祭どころか、八朔もすぎてるな。
芥川賞を受賞した磯崎憲一郎「終の住処」が掲載された新潮6月号を持ってるのに、対談などは読んだのに、この小説を読み終える前に、積ん読に入ってる。とっとと読んでしまいたい。
その間、タハール・ベン・ジェルーン「出てゆく」(早川書房)を読んで、残酷な切なさ(日本と状況は違ってもどこか共通点を感じさせる)に震えたりしていたが、それはともかく。

8月末までに引っ越すことになった。しばらくバタバタする。
ので、備忘録的に短く更新する、というほうがいいのかもしれんな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »