« 動く | トップページ | 読めねぇ »

2009.08.09

時折見かける子

Cat090809_1


Cat090809_2

某日。出かけようとして、最寄り駅までいつもの道を行くと、坂に子猫が二匹。
今年生まれ、先月までは親について学習中だったのに、最近は子どもだけで固まっている。親とは違うテリトリーにいるし、たぶんもう独立したのだろう。
まだこんなに小さいのに、と思うが、人が近寄れば警戒して距離をとる/去る。あまり近寄らずに「ちょっと撮らせてね」と声をかけて、パチリ。

***

緊張したのか、白黒のブチが、黒のほうまで歩いてきた。

Cat090809_3

おいおい、またそんな道の真ん中寄りで寛ぐのかよ…

Cat090809_4

このあと、車がゆっくり走ってきて、道の端っこに寄せられていました。
運転手が気がつく人でよかった…

黒、白黒ブチ、茶虎など、数匹いたはずだが、たまに見かけるのは二匹になっていた。
それにしても、このくらいの子猫って、ちょっと見かけずにいると、次に会ったとき「おや、ちょっと大きくなったね」と思うものだが、この子らはなかなか大きくならない。
栄養事情がよくないのか、育ちにくい体質なのか。
いずれにせよ、がんばってノラをまっとうしてほしい。

引っ越す、というのは、この子らとしょっちゅう会えるのももうじき終わり、ということなんだな。

|

« 動く | トップページ | 読めねぇ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16751/45883850

この記事へのトラックバック一覧です: 時折見かける子:

« 動く | トップページ | 読めねぇ »